HOME >> 回復期リハビリテーション病棟 - 病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟 のご案内

急性期治療を終えて症状が安定した患者さまに対し、集中的に「リハビリテーションを行う病棟」 です。
ここでは日常生活動作能力の向上、寝たきりの防止のため、入院生活の全てがリハビリとなります。
患者さま一人ひとりのご自宅での生活を想定した日常生活動作の実際的な訓練を行うことで、退院後も安全に生活できることを目指していきます。

入院の目的

  • 家庭復帰
  • ADL(日常生活動作・Activities of Daily Living)
     の向上

     

リハビリの流れ

時間 面会 1日の流れ
6 時   起床、モーニングケア(洗面、トイレ、着替え)
7 時    
8 時   朝食(食堂)
9 時    
10時   リハビリ(リハビリ室)
11時    
12時   昼食(食堂)
13時 リハビリ(リハビリ室)
14時  
15時 シャワー浴 (シャワー室)
16時  
17時  
18時  
19時 夕食(食堂)
20時   イブニングケア (洗面、着替え、トイレ)
21時   消灯
※ イラストは 「OTナガミネのリハビリイラスト集」様から引用させていただきました

      

対象疾患

対象疾患 入院可能な日数
脳血管疾患
脊椎損傷 等
脳血管疾患、脊髄損傷等の発症又は手術後2カ月以内の状態 150日
上記のうち、高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の場合 180日
整形疾患 等 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折、二肢以上の多発骨折の発症又は手術後2ヶ月以内の状態 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋・靱帯損傷後1カ月以内の状態 60日
廃用症候群 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有し手術後又は発症後2カ月以内の状態 90日

リハビリテーションの特徴

 
総合病院との連携がある病院なので安心
 
附属施設に救急病院があり、急な症状な変化にも対応が可能なため安心して治療を受けることができます。



 
救急、リハビリ、在宅復帰まで
トータルサポート
 
救急・専門医療やリハビリ、更には訪問看護サービスを提供し患者さまをトータルでサポートします。



 
生活を視野に入れたリハビリを実施
 
患者さまの生活環境にあったリハビリを実施し、通常の生活が送れるようサポートします。



 
サポートチームの充実
 
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなど様々なスタッフが一つのチームで患者さまをサポートします。



入院の流れ