HOME >> お知らせ一覧 >> 総合リハビリテーション室、地域包括ケア病棟が新しくなりました。

[お知らせ] 総合リハビリテーション室、地域包括ケア病棟が新しくなりました。

2019.04.12


大原医療センターは、平成29年5月1日の5階回復期リハビリテーション病棟(第二病棟)開所に続き、昨年1月よりリハビリ室、第一病棟等の大規模改修工事を行い、この春より、地域と連携する回復期病院としての機能をさらに強化いたしました。

① 平成31年4月1日より、「総合リハビリテーション室」を地下から3階に移転いたしました。(写真上段)
旧透析室だった3階フロアは明るく広々としたリハビリ室に生まれ変わり、患者さまは職員とともに毎日リハビリに励んでいらっしゃいます。

② 同じく平成31年4月1日より、6階にあった「地域包括ケア病棟」(第三病棟)を4階に移転し、新たに第一病棟としてオープンいたしました。(写真下段)
病室は設備も一新され明るく、広くなったナースステーションでは、看護師と患者さまとで塗り絵や編み物など、作業療法を兼ねたレクリエーションも行えるようになりました。

新しい設備とともに職員一同、気持ちを新たに、患者さまと地域の方々のため、より良い医療の提供に努めてまいります。
引き続き大原医療センターをよろしくお願い申し上げます。