HOME >> 循環器内科 - 診療科のご案内

循環器内科

当センターの循環器内科では、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病といわれるものから狭心症・心筋梗塞・不整脈のような専門的な病気に至るまで心臓・血管に関わってくる病気を広い範囲で診療しています。特に近年、死亡の原因として増加している虚血性心疾患の診断と治療には力を入れています。

虚血性心疾患とは心臓を養う血管が狭くなったり(狭心症)完全に詰まってしまったり(心筋梗塞)して、胸が苦しい・胸が痛い・呼吸が苦しいなどの症状が発作的に出現する病気です。狭心症の場合には3から5分くらいで症状は落ち着きますが、心筋梗塞はそのままでは症状が治まらず命に関わってきますので、30分以上胸が苦しい・痛いという症状があればすぐに病院を受診する必要があります。

心臓病が疑われる患者様への検査

診察で心臓病が疑われる患者様には、主に下記のような検査を行っています。

  1. 心臓エコー検査:超音波で心臓の動きや大きさ、弁の異常などを観察します。
  2. 24時間心電図:丸一日の心電図を携帯用カセットに記録し、脈の乱れや波形の変化を調べます。
  3. トレッドミル運動負荷心電図:ベルトコンベアの上を歩いていただき心臓に負担がかかった時の心電図の変化を調べます。
  4. 心臓CT:造影剤を用いて冠動脈のCTを撮影し、狭窄・閉塞病変の有無を診断します。心臓カテーテル検査と異なり、通常は入院の必要はありませんが、①石灰化の強い病変の診断には不向きである。 ②造影剤の使用量が多いため、腎臓の機能の悪い患者さんには慎重に行う必要があるなど、5.に述べる心臓カテーテル検査に対し劣る面もあります。
    (以上は外来通院で行える検査です。)
  5. 心臓カテーテル検査:1から4の検査で異常が見られたときには心臓カテーテル検査を行う場合があります。

心臓カテーテル検査とは、カテーテルとよばれる細い管を使って心臓の血管の写真を撮影したり、不整脈の原因を調べたりする検査です。

カテーテルを入れる時に足の付け根から入れる場合と手首から入れる場合があります。検査は2から3mm程度の小さな傷で済み、現在では道具と技術の進歩により日帰りから1泊2日程度の入院で安全に行うことができます。

狭心症と診断された患者様への治療

狭心症と診断された場合には、下記のような治療をおこなっています。

  1. 薬の内服:薬を上手に使うことで発作を起こりにくくします。
  2. 経皮的冠動脈形成術(PTCA):薬の効果に限界がある場合に、狭い血管を拡げる治療を行っています。PCIともいいます。
    PTCAとは、心臓カテーテル検査と同じカテーテルを用いて心臓の狭い血管を内側から風船で拡げる方法で、近年はステントという金属のパイプを入れる方法もあり、数日から10日間程度の入院で治療できます。また、この治療法は急性心筋梗塞に対しても威力を発揮します。
  3. 冠動脈バイパス術:PTCAが不向きの血管に対しては、心臓血管外科と連携してバイパス手術を行うことがあります。

時々胸が苦しい・胸がドキドキする・少し歩いても息が苦しいなどの症状がありましたら、まず循環器内科でご相談ください。

外来診療予定表

 
午前 石橋敏幸
待井宏文
赤間 浄
山口 修
巽真希子
待井宏文
斎藤修一
山口 修
赤間 浄
石橋敏幸(第1,3,5)
巽真希子(第1,2,4)
待井宏文(第3)
※第5週予約以外休診
山口 修
午後 検査 心カテ 心カテ 検査 心カテ

医師紹介

山口 修(やまぐち おさむ)
[ 役職 ]
主任部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
循環器内科
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本循環器学会循環器専門医
・日本内科学会認定医
・日本心血管インターベンション治療学会認定医

[所属学会]
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心血管インターベンション治療学会

[経歴]
1997年 秋田大学医学部 卒業、福島県立医科大学 第一内科
1998年 福島県立大野病院 内科
1999年 舟山病院内科、いわき市立総合磐城共立病院 循環器科
2000年 福島労災病院 循環器科
2001年 福島県立医科大学 第一内科
2007年 済生会福島総合病院 循環器科
2008年 公立相馬総合病院 循環器科
2009年 大原綜合病院附属大原医療センター


胸が苦しい、動悸がするなど、症状のある方は御相談ください。

待井 宏文(まちい ひろふみ)
[ 役職 ]
部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
循環器内科
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会認定医
・日本循環器学会専門医

[所属学会]
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本超音波医学会
・日本心臓病学会

[経歴]
2002年 岩手医科大学卒業 福島県立医科大学 第一内科入局
2003年 公立岩瀬病院 循環器内科
2004年 枡記念病院 循環器科
2005年 星総合病院 循環器内科
2006年 福島県立医科大学 第一内科
2011年 済生会福島総合病院 循環器科
2013年 米国 Case Western Reserve University 留学、大原綜合病院附属大原医療センター


地域の医療に貢献できるよう頑張りたいと思います。

巽 真希子(たつみ まきこ)
[ 役職 ]
部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
循環器内科
[ 博士号・認定医等 ]
・日本内科学会 認定内科医
・医学博士号

[所属学会]
・日本循環器学会
・日本内科学会
・日本心臓病学会
・日本心不全学会
・日本心エコー図学会

[経歴]
2006年 北里大学卒業
2006年 福島県立医科大学附属病院 臨床研修医
2008年 福島県立医科大学 循環器・血液内科講座専攻医
2009年 星総合病院
2015年 大原綜合病院附属大原医療センター

皆さま はじめまして。
平成27年4月から循環器内科として赴任しました
巽(タツミ)と申します。育児休暇明けで間もないためまだまだ修行中ですが皆様と一緒に少しでも患者様の力になれればと考えています。
どうぞ宜しくお願いします。

赤間 浄(あかま じょう)
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
循環器内科

2013年 福島県立医科大学 医学部卒業
2013年 白河厚生総合病院 初期研修
2015年 福島県立医科大学医学部 循環器内科
2016年 大原記念財団大原医療センター

はじめまして。4月から着任しました赤間浄と申します。大学卒業後まだ4年目でできないことばかりですが、どうぞよろしくお願いします。