HOME >> 心臓血管外科 - 診療科のご案内

心臓血管外科

平均寿命の延長、食事の欧米化、生活習慣の変化と供に動脈硬化症に基づく心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症、動脈瘤などのいわゆる生活習慣病が増加してきました。我々の扱う病気はまさにこの生活習慣病であり、


  1. なぜ病気になるのか? → 原因
  2. どうすれば病気になりにくいのか? → 予防
  3. そして どのようにして治していくのか? → 治療

を、わかりやすく納得いくまで説明、相談して“本人・家族・医師・看護師”が一緒にチームを組んで病気と闘うことを基本的な方針としております。

特殊医療機器

超音波血流計、ペースメーカー、ステントグラフト

専門外来

デバイス外来、禁煙外来

外来診療予定表

 
午前 黒澤博之
 (福島医大)
萩原賢一
禁煙外来
検査・手術 萩原賢一 萩原賢一
禁煙外来
福島医大交替
午後 検査・手術 検査・手術 検査・手術 検査・手術 検査・手術

医師紹介

萩原 賢一(はぎわら けんいち)
[ 役職 ]
主任部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
心臓血管外科
[ 博士号・認定医等 ]
・心臓血管外科専門医
・日本胸部外科学会 指導医
・日本外科学会 指導医
・日本循環器学会 専門医
・日本医師会認定 産業医
・福島県立医科大学 医学博士
・日本脈管学会認定 脈管専門医
・腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
・福島市介護認定審査会 委員
・福島県立医科大学医学部 客員講師

[所属学会]
・日本外科学会
・日本胸部外科学会
・日本心臓血管外科学会
・日本循環器学会
・日本血管外科学会
・日本脈管学会
・日本老年医学会 など

[経歴]
1979年4月 福島県立医科大学 第一外科
1983年6月~1985年12月
       research fellow Sinai Hospital of Detroit USA
1986年1月 福島県立医科大学 第一外科
1988年   福島県立医科大学 心臓血管外科
1994年1月 大原綜合病院附属 大原医療センター 心臓血管外科


患者さまに優しい低侵襲手術を念頭に置き、 質の高い医療をめざしながら、皆様の信頼を得られる診療、手術に取り組んでいきたいと考えております。

最近は食生活の欧米化とともに狭心症、心筋梗塞など心臓の筋肉に栄養をつかさどる冠状動脈が狭くなったり、 完全に詰まったりする病気(=虚血性心疾患)が増加してきました。虚血性心疾患と診断されますとまず心臓内科、 循環器科の先生方がカテーテルという風船の付いた細い管を用いて、狭いまたは詰まった動脈を拡げようとします。
しかしながら、中には動脈を拡げることができない場合もあり、状態によっては急いで冠状動脈バイパス術を施行しなければならないことも有ります。
これまでの冠状動脈バイパス手術は人工心肺という機械を使い、血液を一度体外へ導き、それを酸素化してまたポンプで体内へ戻し、一時的にせよ人間の心臓と肺の機能を機械に代償させ、その間に心臓を停止させて行う心停止下手術でした。
これですと人工心肺を操作管理する医師、臨床工学士、実際手術を執刀する医師達と多くの人間を要し 大掛かりな手術となります。さらに人工心肺を使う最大の短所欠点はこれに起因するいろいろな不都合、たとえば血球破壊、ヘパリンという薬による易出血性、脳出血、脳梗塞、易感染症などの合併症を起こしやすくなることでした。

最近では患者さまに優しい低侵襲手術が優先され、中でも人工心肺を使用せずに血管を吻合する「心拍動下冠状動脈バイパス手術」が実施されるようになってきました。 人工心肺-非使用- 心拍動下冠状動脈バイパス手術はその名前の通り人工心肺を 使用しませんので、手術時間が短縮され、また致命傷となりえる合併症を予防できるため、 良好なる手術成績を得ることが可能となり、かつ入院期間の短縮に結びついております。

大原医療センター心臓血管外科でも2001年より福島医大心臓血管外科 横山斉教授の協力を得て実施致しましたが、経口摂取も早まり、術後の人工呼吸器を必要とする時間、集中治療室に滞在する時間が短縮され、多くの患者さまが順調に回復し、歩いて退院されました。入院日数の最も短かった方は術後10日ほどで退院した方もおられ、患者さまからは“本当にこんなに早く退院してもよいのですか?”と驚きと喜びの声が大勢から寄せられております。

■ 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト(SG)挿入術
従来、腹部大動脈瘤に対しては開腹手術で人工血管置換術を施行してきましたが、これは動脈の外から処置を加え、手術しますので、“血管外手術”といえます。これに対して、SG術は両側大腿動脈からカテーテルを挿入して施行しますので、いわば“血管内手術”といえます。
2008年保険償還後にこれまでに34例のSGを施行してきましたが、1例のみ大腿動脈が細くステントグラフトが挿入されず断念しましたが、33例が成功しました。
従来の開腹術に比し、手術時間の短縮、出血量の減少、術後在院日数の短縮が得られました。今後とも、腹部大動脈瘤に対しては、ステントグラフト挿入術を第1選択術式として施行していく方針です。


これからも、患者さまに優しい低侵襲手術を念頭に置き、質の高い医療をめざしながら、 皆様の信頼を得られる診療、手術に取り組んでいきたいと考えております。