HOME >> 消化器内科 - 診療科のご案内

消化器内科

お腹の中にある食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓の病気を担当しています。腹痛、黄疸、食欲不振、体のだるさ、体重減少、吐き気、嘔吐、下痢、便秘などの症状がある消化器疾患を診断治療します。内視鏡治療も行い、胃ポリープ、大腸ポリープを内視鏡で切除しています。また検診でチェックされた方の精密検査も担当しています。

食事をしないでおいでになればその日の内に出来る検査を行います。

主な検査手段
血液検査、尿検査、腹部超音波検査、X線、CT、MRI、胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、胃X線造影検査、大腸X線造影検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)などを行い、早期に的確に病気を見つけて診断し、正しい治療を行うよう最大努力しています。
主な疾患
  • 急性胃腸炎
  • 食道炎(逆流性)、食道癌
  • 胃炎(急性・慢性)、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌、胃ポリープ
  • 大腸癌、大腸ポリープ
  • 胆石、胆嚢炎(急性・慢性)、胆嚢癌
  • 肝炎(急性・慢性・自己免疫性)、肝癌
  • 膵炎(急性・慢性・自己免疫性)、膵のう胞、膵癌

外来診療予定表

 
午前 吉田典行 吉田典行 吉田典行 吉田典行 吉田典行 吉田典行
午後

医師紹介

吉田 典行