HOME >> 教育プログラム 全体の教育プログラム - 教育・キャリア支援

教育プログラム 全体の教育プログラム

教育研修方針

研修目的
  1. 看護部の理念に基づき、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。
  2. 自己啓発の必要性を認識し看護レベルを向上させる。
研修目標
  1. 個々が人々の中で、協力して業務が遂行できる能力を育成する。
  2. 自己の実践した看護が評価でき、次に生かすことができる能力を育成・開発する。
  3. 自己の看護観を深めることができるように支援する。
  4. 自己のテーマを見出し、看護研究に取り組むことができるように教育・研究・実践間の有機的な関係を促進する。
  5. 理論と実践との統合、質の高いケアモデルを実践するような組織及びリーダーを育成する。

卒後教育プログラム

研修名 目的 内容 方法
新入職員
集合研修
基本的看護技術の正しい方法・手技を学習、習得し臨床での実践を確実にする。 講義
看護技術の実践
講義
看護技術の実践
卒後3ヶ月
研修
看護業務を理解し救急時の自己の役割を認識し実践することができる。 A)救急蘇生法
B)救急時の看護
C)3ヶ月を振り返る。
A)講義
B)GW
卒後6ヶ月
研修
看護業務を理解し看護行為ならびに医療行為を安全に実施することができる。 A)医療事故防止と安全について A)KJ法によるGW
卒後1年目
研修
看護チームの意義を学ぶと共にチームメンバー及びリーダーの役割を知る看護観を深め、患者の気持ちを理解することができる。 A)1年間の振り返り
B)1年間で学んだことを2年目に活かすことができる
A)事前レポート提出と発表
B)GW
C)講話
卒後2年目
研修
自分の看護観を養い、積極的な看護展開ができる。
患者により良い看護を提供することができる。
A)患者の立場に立った見方ができ、家族への配慮もできる。
B)自分の看護観を語ることができる
A)事前レポート
提出と発表
B)講話
卒後3年目
研修
各職場でリーダーシップがとれる能力を身につける。
看護過程の展開ができ、多方面での問題解決能力を身につける。
A)事例より学んだ看護を自己の看護観を含めてレポートを書く A)「事例より学んだ看護」のレポート発表
B)講話
リーダー
シップ研修
組織における患者に必要な、リーダーとしての役割を看護実践の中から学ぶ能力を養う A)組織におけるリーダーシップとは?
B)自己成長するための自分なりの方法とは?
A)講義
B)GW

キャリアパス

  1. 新人研修・リフレッシュ研修・看護倫理研修・看護技術研修・看護診断研修・フィジカルアセスメント研修・感染管理研修・医療安全管理研修
  2. プリセプター研修・プリセプターフォローアップ研修・リーダーシップ研修・看護研究入門研修・看護過程展開基礎研修
  3. 教育担当者研修・実習指導者研修看護研究実践研修
  4. 主任研修・マネジメント研修
  5. 師長研修・マネジメント研修・エキスパート研修
  6. 経営層マネジメント研修

資格取得支援制度について

大原綜合病院では資格取得のための各種制度が充実しています。資格取得を目指す方に対し、受講料等の金銭的支援や長期出張扱い等による時間的支援など、皆さんの成長を惜しみなく支援します。