学校の概要

HOME >> カリキュラム - 学校の概要

カリキュラム (令和元年度現在)

基礎分野専門基礎分野専門分野Ⅰ専門分野Ⅱ統合分野

  3年間の取得単位数(時間数) 1年次 2年次 3年次
総計 101 (3000) 39 (1110) 39 (1050) 23 (840)

※ 各年次(   )内の数字は時間数となります

基礎分野

教育内容 単位 授業科目 1年次 2年次 3年次
科学的思考の基礎 13 物理学 1(30)    
生物学 1(30)    
情報科学 1(15)    
統計学   1(30)  
人間と生活、
社会の理解
コミュニケーション論 1(30)    
心理学 1(30)    
社会学 1(15)    
国語表現法 1(30)    
英語 2(45)    
体育 1(30)    
教育学   1(15)  
哲学   1(30)  
合計 13   10(255) 3(75)  

専門基礎分野

教育内容 単位 授業科目 1年次 2年次 3年次
人体の構造と機能 16 解剖学 2(60)    
生理学 2(60)    
疾病の成り立ちと
回復の促進
生化学 1(30)    
臨床栄養学   1(30)  
食事と健康   1(15)  
臨床薬理学総論 1(30)    
臨床薬理学各論   1(15)  
微生物学 1(30)    
病理学 1(15)    
治療論Ⅰ(呼吸・循環機能障害) 1(30)    
治療論Ⅱ
(腎臓・代謝・内分泌・女性生殖器の障害)
1(30)    
治療論Ⅲ(泌尿器・男性生殖器・消化器・眼・耳鼻咽喉・歯口腔・皮膚の障害)   1(30)  
治療論Ⅳ(手術療法、運動機能障害)   1(30)  
治療論Ⅴ
(血液・造血器・免疫・感染症・脳神経障害)
  1(30)  
健康支援と
社会保障制度
6 公衆衛生学   1(30)  
看護関係法規   2(30)  
社会福祉論     2(30)
総合医療論     1(15)
合計 22   10(285) 9(210) 3(45)

専門分野Ⅰ

教育内容 単位 授業科目 1年次 2年次 3年次
基礎看護学
 (講義)
12 看護学概論 1(30)    
基礎看護技術論Ⅰ(環境調整技術) 1(15)    
基礎看護技術論Ⅱ(食事、排泄援助技術) 1(30)    
基礎看護技術論Ⅲ
(活動・休息、安全管理、安楽確保の技術)
1(30)    
基礎看護技術論Ⅳ(清潔・衣生活援助技術) 1(30)    
基礎看護技術論Ⅴ
(感染予防、呼吸・循環を整える技術)
1(30)    
基礎看護技術論Ⅵ
(創傷管理技術、与薬の技術)
1(30)    
基礎看護技術論Ⅶ(症状・生体機能管理、フィジカルアセスメント技術) 1(30)    
基礎看護技術論Ⅷ
(コミュニケーション技術)
1(15)    
看護過程の展開 1(30)    
臨床看護総論   1(30)  
看護研究     1(15)
基礎看護学
 (臨地実習)
3 基礎看護学実習Ⅰ 1(45)    
基礎看護学実習Ⅱ 2(90)    
合計 15   13(405) 1(30) 1(15)

専門分野Ⅱ

教育内容 単位 授業科目 1年次 2年次 3年次
成人看護学
(講義)
7 成人看護の対象 1(30)    
成人保健 1(15)    
経過別看護Ⅰ(急性期・慢性期・リハビリテーション期) 1(30)    
経過別看護Ⅱ(終末期・緩和ケア)   1(15)  
成人看護援助論Ⅰ
(呼吸・循環・腎機能障害看護)
1(30)    
成人看護援助論Ⅱ(内分泌、代謝、消化器、女性生殖器機能障害看護)   1(30)  
成人看護援助論Ⅲ
(手術を受ける患者、手術室、血液・造血器、免疫、感染症の看護)
  1(30)  
成人看護学
(臨地実習)
6 成人看護学実習Ⅰ   2(90)  
成人看護学実習Ⅱ     2(90)
成人看護学実習Ⅲ     2(90)
小計 13   4(105) 5(165) 4(180)
老年看護学
(講義)
4 老年看護の対象
(老年看護概論、老年保健)
1(30)    
老年看護援助論Ⅰ(日常生活の援助、老年期の症状と援助の実際) 1(30)    
老年看護援助論Ⅱ(治療時の援助の実際、健康段階に応じた援助)   1(15)  
老年看護援助論Ⅲ
(老年期特有の疾病の理解)
  1(30)  
老年看護学
(臨地実習)
4 老年看護学実習Ⅰ   2(90)  
老年看護学実習Ⅱ     2(90)
小計 8   2(60) 4(135) 2(90)
小児看護学
(講義)
4 小児看護の対象   1(30)  
小児の健康障害   1(15)  
小児看護援助論Ⅰ
(小児各期の日常生活の援助)
  1(30)  
小児看護援助論Ⅱ
(健康が障害された小児の看護)
  1(30)  
小児看護学
(臨地実習)
2 小児看護学実習     2(90)
小計 6     4(105) 2(90)
母性看護学
(講義)
4 母性看護の対象   1(30)  
周産期の診断と治療   1(15)  
周産期の看護   2(45)  
母性看護学
(臨地実習)
2 母性看護学実習     2(90)
小計 6     4(90) 2(90)
精神看護学
(講義)
4 精神看護学概論   1(30)  
精神疾患の理解   1(15)  
精神看護援助論Ⅰ(看護師の役割、精神看護に必要な理論・技術の理解)   1(30)  
精神看護援助論Ⅱ(主な症状の看護、診察・検査・治療に伴う看護)   1(30)  
精神看護学
(臨地実習)
2 精神看護学実習     2(90)
小計 6     4(105) 2(90)
合計 39   6(165) 21(600) 12(540)

統合分野

教育内容 単位 授業科目 1年次 2年次 3年次
在宅看護論
(講義)
4 在宅看護の対象   2(30)  
在宅看護援助論Ⅰ(対象の健康状態や生活状況を考慮した援助の実際)   1(30)  
在宅看護援助論Ⅱ
(日常生活・医療処置に関連した援助)
  1(30)  
在宅看護論
(臨地実習)
2 在宅看護論実習Ⅰ   1(45)  
在宅看護論実習Ⅱ     1(45)
小計 6     5(135) 1(45)
看護の統合と実践
(講義)
4 臨床看護の実践Ⅰ(肝硬変・心不全・脳梗塞・胃がん患者の計画立案と援助)     1(15)
臨床看護の実践Ⅱ
(卒業時に求められる知識・技術の習得)
    1(30)
看護管理     1(30)
看護の活動領域     1(30)
看護の統合と実践
(臨地実習)
2 統合実習     2(90)
小計 6       6(195)
合計 12     5(135) 7(240)