HOME >> 学生の窓 - 学生のみなさんへ

学生の窓

学生の声

坂本 彩菜さん

坂本 彩菜

私は幼い頃から母の影響で、看護師という職業に憧れを抱いていました。優れた知識や技術があるだけではなく、患者と深く関わり、患者の心に寄り添うことができる看護師を理想像としていました。そのため本校の教育埋念にある"愛情をもった関わりをすること"に感銘を受け、このようなモットーをかかげる本校で看護を学びたいと強く思いました。

また、実習施設が充実していること、卒業生が多く働いている環境で学べることも、他の学校にはない魅力であると感じました。学生生活では、慣れない専門分野の講義や、看護技術の演習に戸惑うことも多くありますが、優しくあたたかい先生方のご指導のもと、日々学びを深めています。また、実習は厳しいものですが、少しずつ憧れである看護師に近づいていることが実感でき、やりがいを感じます。
クラスは明るくにぎやかで楽しい雰囲気です。しかし試験の前などは、空き時間を活用して勉強し、教え合ったり、励まし合ったりして、頑張っています。今後は試験や実習が増え、更に大変になりますが、全員がそれぞれの目標を達成できるよう、協力して頑張っていきたいです。

渡部 公博さん

渡部 公博

私が看護師になりたいと思った理由は、母が看護師で母の仕事を見たときに同じ仕事をしてみたいと思ったことと、私は、人と接することができ、なおかつ、人を助けられる仕事に就きたいと考えたからです。

私は、患者の小さな変化に気がつけるように観察をしっかり行い、誰からも頼られる看護を理想としています。

私は、この学校を志望した理由として3年間という短期間で資格をとることができることと、附属に病院があり、実習施設も充実しているからです。

この学校は授業も行事も充実しています。授業では、看護の基礎や体の構造などを学ぶだけでなく、看護技術を習得するため自分達で演習も行います。実習では学んだ知識や技術を活用して、患者に援助を行います。
また、看護師や他職種の方々の援助を見学したり、わからないところを指導していただいたりすることができ、学びを深めていくことができます。行事では、球技大会や文化祭、クリスマス会があるのでとても楽しいです。

佐藤 怜奈さん

佐藤 怜奈

①私が大原看護専門学校を選んだ理由は、大原綜合病院をはじめとした多くの実習の場で充実した実習ができることに魅力を感じたからです。
②私が看護師になりたいと思うようになった理由は、看護師である叔母の影響があったからです。小さい頃から叔母の話を聞き、人の命を預かる大変な仕事ですが、その大変さの中にやりがいを感じ、日々頑張っている叔母の姿に憧れていました。
③医療や看護は常に進歩し続けるので、日々学び、新しい知識技術を得て、患者さんのニーズに応えられるような看護師になりたいです。
④本校は一学年、一クラスと学生数は大学と比べると小規模ですが、少人数だからこそクラスの皆と協力し合い励ましあいながら看護師に必要なチームワークを高め日々の授業や実習に取り組むことができる学校です。また、楽しい行事もたくさんあり、同学年だけでなく先輩方とも交流が深められます。先生方も明るくパワフルで素敵な方が多く毎日が充実しています。