HOME >> 学生の窓 - 学生のみなさんへ

学生の窓

学生の声 (令和元年度)

47回生(1年) 安藤 舞冬

私が看護師になりたいと思ったきっかけは、知的障害のある妹の影響です。障害といっても色々な特徴を持った方がいるため、そのような方々でも安心して病院に通っていただけるよう、コミュニケーションも含め、高い技術力をもった看護師を目指すようになりました。

地元である福島でより多く看護師としての経験を積みたいと思い、本校である大原看護専門学校に入学しました。

日々の講義では看護の基礎知識を学び、実習授業ではより正確な技術習得に励んでいます。友人たちと楽しく真剣に学び、とても充実した毎日を送ることができています。これからの3年間で看護学生として、一人の人間として、成長していきたいと思います。

46回生(2年) 三保 嬉記

私が看護師になりたいと思った理由は、人と関わる仕事をしたいと思ったからです。高校生の時に参加した一日看護体験で、現場の男性看護師が患者さまに寄り添い、笑顔で接している姿を見て、私もこんな看護師になりたいと思い、大原看護専門学校に入学しました。

日々の講義では、私たちが看護師として確かな医療技術を提供できるよう、学校の先生はもちろんのこと、現役の医師や看護師から実際の医療の現場の話を聞くことができます。また、学校生活は勉強だけでなく、遠足や学校祭、クリスマスパーティーなどの行事が多くあり、充実した毎日を送っています。試験や実習が忙しく、大変だと思うこともありますが、同じ目標をもつクラスメイトと切磋琢磨し合い、自分の理想の看護師になれるように頑張りたいです。

阿部 真和里

45回生(3年) 阿部 真和里

私が看護師になりたいと思った理由は、看護師をしている母の影響があったからです。人の命を預かる大変な仕事でありながらも、患者の心に寄り添い、日々人の為にがんばっている母の姿に憧れていました。

本校を志望した理由は、附属の病院があり、そこで充実した実習ができるということに魅力を感じたからです。

日々の授業では、講義と演習を通して、看護についての基礎知識や看護技術を学習しています。習ったことをしっかり習得するためには、知識面と技術面のどちらも自主学習を欠かせません。本校は1学年に1クラスしかなく、少人数という利点を生かして、分からないところを教えあい、切磋琢磨しながらがんばっています。これからますます試験や実習が増えていきますが、自分が理想とする看護師になれるよう、クラスメイトと協力して一つひとつ乗り越えていきたいです。