HOME >> よくある質問 - 患者さま&お見舞いの方へ

よくある質問

診療について

大原綜合病院を受診したいのですが、直接行ってもいいですか?

 answer

まずはお近くのかかりつけ医・クリニックへの受診をおすすめいたします。
夜間は上町テラス2F「福島市夜間急病診療所」をご利用ください。

当院は、地域のかかりつけ医さまからの紹介状にて診療を行っている福島県知事認可「地域医療支援病院」です。かかりつけの先生から当院での診療が必要と判断された場合、これまでの診療経過や症状などが記載された“紹介状”を作成していただけます。紹介状をご持参のうえ、当院へご来院ください。
大原綜合病院を初めて受診する、過去に受診されたことがおありでも最近(3カ月以上)は受診のない患者さまも紹介状持参、ご予約での来院が原則必要となります。

紹介状をお持ちでない、またはご予約がない場合でのご来院は長時間お待たせしてしまうだけではなく、ほかの患者さまの予約や医師の在席状況により診察が受けられずにお帰りいただく場合も多くございます。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

また、大原綜合病院での治療にて症状が安定した患者さまにおかれましては、以後の健康管理を地域のかかりつけの先生にご担当いただく「ふたり主治医制」を推進しております。ご理解とご協力をお願いいたします。

●地域医療支援病院…地域の医療機関(病院や開業医)との役割分担によって、専門的な手術や入院を中心として救急医療の提供を担う二次医療機関で、福島県からの認可を受けている病院です。
(地域のかかりつけ医…一次医療機関、福島医大附属病院…三次医療機関)
"紹介状"がないと大原綜合病院では診てもらえないのですか?

 answer

紹介状持参を原則としておりますが、当院は福島県北地域の二次救急指定病院となっておりますため、救急車での搬送や、緊急性があると医師が判断した場合につきましては紹介状不要にて対応を行っております。(救急車は消防署の判断および夜間輪番制により、当院以外の病院に搬送される場合があります)
なお、紹介状なしでの受診の際には初診料の他に3,240円(税込)の保険外併用療養費が発生しますのであらかじめご了承ください。また、救急搬送等により保険証をご持参でない患者さまの医療費は一旦自己診療扱いとなりますので、一時金をお預かりさせていただきます。後日、保険証をご持参いただいた際に差額返金・精算となりますのであわせてご了承ください。
ご不明な点につきましては「総合患者支援センター 地域医療生活連携室」までお問い合わせください。(TEL 024-526-0371)
近所の先生から"紹介状"を書いてもらいましたが、診療科受付に持っていけばいいのですか?

 answer

紹介状をお持ちの方は、まず1階 総合患者支援センターにおいでください。(場所:正面玄関カフェ隣 窓口受付:8時30分~ 発券機から整理券をお取りの上お待ちください)
待ち時間等が短縮されますので、ご予約されてのご来院をおすすめいたします。かかりつけ医の先生が紹介状を作成される時に、直接当院まで予約をとってくださる場合もあります。かかりつけ医の先生におたずねください。
受付後、診療科へのご案内となります。

病院施設・設備面について

駐車場はどこにありますか?駐車料金は無料ですか?

 answer

市街地の立地上、申し訳ございませんが無料駐車場はございません。
指定駐車場には「上町まちなかパーキング」(病院北側 立体駐車場)、「大町まちなかパーキング」(旧病院跡地 平面駐車場)の2ヵ所がございます。受診等でご来院の患者さまへの割引対応のほか、市内一般駐車場と同様に30分100円にてご駐車いただけます。(日中・夜間最大料金設定あり)
詳細は「交通アクセス」ページをご覧ください。
なお、病院正面玄関前は患者さま乗降時の一時停車のみ可能です。(駐車は客待ちタクシーおよび身障者等一部指定車のみ)指定車以外の方が誤って駐車された場合、ご移動いただくまで院内アナウンスが流れますのでご注意ください。
小さな子供がいるのですが、ベビーカーの貸し出しは行っていますか?
また、おむつ交換用のベビーシートはありますか?

 answer

申し訳ありませんが、ベビーカーのご用意はありません。ベビーシートは1階・2階・5階・6階「みんなのトイレ」(多目的トイレ)内に設置してあります。なお衛生上、使用済みのおむつはお持ち帰りくださいますようお願いいたします。
タバコを吸える場所はありますか?

 answer

喫煙(電子タバコも含む)はお控えください!院内全館禁煙、トイレでの喫煙も禁止です(外来・病棟とも)。
現代社会では、喫煙や副流煙による健康被害が大きく取り上げられております。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

[入院時] タオル・入院着等レンタル「アメニティセット」(有料)について

「アメニティセット」とはなんですか?

 answer

衛生管理の更なる徹底と、患者さまおよびご家族へのサービス向上のために、ご入院中に必要とされる「寝巻類・タオル類・日用品・紙おむつ」などのレンタルを専門業者に委託し、有料でご用意しております。
入院時のご案内にて、申込の要不要、貸し出しタイプをお選びいただけます。
アメニティセットは必ず申し込まなければなりませんか?(私物を持ち込みたいのですが…)

 answer

◆申し込みは任意ですが、このレンタルサービスは「院内での環境整備の更なる徹底」「患者さまへのサービス向上とご家族への労力負担の軽減」「指定の寝巻類着用により、入院患者さまとお見舞い等でご来院された方との区別」(患者さまの見守り)等を目的としております。
患者さまは療養生活中、常に清潔な寝巻・タオル類・日用品を必要なときに必要なだけご使用いただけ、入退院時のお手持ち品を身軽にすることができます。
◆衣類・タオル等は殺菌消毒クリーニングされたものが毎日交換されるほか、入院に必要な消耗品はほぼ全てアメニティセットに含まれています。荷物の持ち帰りや洗濯、購入等にかかるご家族のご負担減の観点からもおすすめしております。
内容・料金について教えてください。

 answer

・例)基本セット(Aタイプ)450円(税別)×利用日数 (令和元年時点)
レンタル寝巻(+甚平・ガウン・介護寝巻から必要なもの)/レンタルタオル類(バスタオル・フェイスタオル・使い捨ておしぼりタオル)/日用品(歯ブラシ・歯磨き粉・プラカップ・ボックスティッシュ・ウェットティッシュ・スリッパ・箸・スプーン・フォーク・ストロー他、患者さまの性別・年代・症状に応じて日用品新品(退院時持ち帰り可)を提供します)
※個別にご用意いただくより安く、常に清潔なものを枚数制限なくご使用いただけます。 タオルのみや紙オムツがプラスされたセットもございます。詳しくは入院ご案内時のチラシをご覧ください。

お選びいただいたセットメニューにご利用日数(ご入院期間)が掛けられる「日額定額制」料金となります。
汗や汚れ等により1日に2回以上寝巻やタオルを交換した、などご利用目安を超える枚数を使用いただいた場合でも追加料金は発生しません。
支払方法について教えてください。

 answer

アメニティセットは業者委託となっている為、病院窓口でお支払いすることはできません。
入院診療費とは別に、ご利用開始日から30日ごと、または終了日締にて業者より請求書が郵送されます。指定のコンビニ、またはゆうちょ銀行にてお支払いください。銀行振込は対応しておりませんのでご了承ください。

苦情・ご要望

予約しているのに診察まで1時間以上待たされました。改善してほしいと思います。

 answer

お忙しい中お待たせしてしまい、大変ご迷惑をおかけいたしました。
外来診療の予約時間は、9時、9時30分というように30分刻みで設定しており、30分の枠には5~7名ほどの患者さまの予約をお取りしています。同じ時間帯の予約でも分刻みにて患者さまの診察開始が異なり、前の患者さまの容態によっては診察時間が延びることもございますため「30分~1時間の範囲内での診察開始」とご理解いただけますと幸いです。
また、当院は福島市指定の二次救急医療機関および350床超の病床を有することから、救急搬送や地域のかかりつけ医からの要請による急を要する患者さまの来院、入院中の患者さまの容態急変等にても予定どおりのお時間に診療できないことがございます。
なるべくお待ちいただく時間が短くなるよう今後とも診療体制の整備に尽力してまいりますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
医師、看護師、職員の態度が高圧的だ。

 answer

ご指摘いただきありがとうございます。
当院では、全職員の代表者で構成する「サービス向上委員会」を設置し、患者さまサービスと満足度の向上に取り組む姿勢をより明確にしております。
身だしなみや言葉遣いに気をつけ、患者さまのお話をよく聞き、丁寧でわかりやすい説明を心がけるなど、全職員の接遇向上もその一つと考えております。
質の高い、安全で安心な医療を提供させていただくことはもちろん「大原綜合病院に来て本当に良かった」と言っていただけるよう、職員一同心のこもったサービスに努めてまいります。

その他

医療や福祉に関する相談はできますか?

 answer

1階「総合患者支援センター」には、専門の医療相談員(MSW:医療ソーシャルワーカー)が在籍しています。
ご相談内容に応じて医師、看護師など専門スタッフを交え、不安や悩みの解決に近づくためのお手伝いをしております。
ご相談例としては「自宅での介護や看護等の援助について」、「保険・福祉サービスや社会保障制度の利用について、その内容や手続き」、「転院や施設入所、将来の療養に関する不安」、 「医療費・生活費等、経済的な心配がある」、「医療を受ける際の心配ごとや、誰に相談してよいかわからない問題や悩み」など様々です。
ご相談を希望される方は、病棟看護師や外来看護師にお申し出いただくか、総合患者支援センターへご連絡ください。(電話 024-526-0371)
院外処方せんはどこの薬局に行けばいいですか?
また、薬は処方せんをもらった日に受け取りに行かなければならないのでしょうか?

 answer

「保険調剤薬局」と書かれている薬局ならどこでもお受け取りになれます。
当院1階自動会計機の並びに"院外処方せんFAXコーナー"が設置されています。お会計後、あらかじめかかりつけの薬局へ処方せんを送っておくことで、薬局での待ち時間を短縮できます。FAXは無料でご利用いただけます。保険調剤薬局のFAX番号一覧表も用意されていますので、ぜひご利用ください。
なお、4日以内におくすりを受け取らなかった場合は再診察が必要になりますので受け取り期日までに薬局へご訪問ください。
目や耳が不自由な者が1人で行っても大丈夫ですか?

 answer

日によって異なりますが、来院者さまに対する施設の案内や、高齢者・身体障害者・車椅子利用者などに対する介助、受診及び会計等の手続き 案内・代筆などを目的とした、病院ボランティアさんにいらしていただいています。
お困りの際は、ボランティアさんや職員が院内をご案内いたしますので、お気軽にお申し付け下さい。