HOME >> 入院のご案内 - 患者さま&お見舞いの方へ

入院のご案内

ご入院される患者さまへ

当院では、患者さまに安心して医療を受けていただくために、安全な医療を提供すると共に、万全な体制で取り組んでいます。
「入院のご案内」および下記事項について、あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。ご心配な点がございましたら、医療スタッフまでお申し出ください。(平成30年1月更新)

敷地内全館禁煙・禁酒
入院期間中は、敷地内全館で禁煙・禁酒ですので厳守ください。
(アルコール・タバコの持ち込みは禁止です)
無断外出・外泊禁止
入院期間中に外出される際は、主治医の許可が必要です。無断での外出を禁止しています。
ご希望の方は主治医・看護師へお申し出ください。
病室の移動
入院期間中に、やむを得ず病室・ベッドの移動をお願いする場合があります。
午前退院のお願い
当院では、多くの患者さまが入院をお待ちになっております。特別な事情がない限り、午前退院(11時頃)となっています。
日曜日退院のご案内
退院の際は、患者さま・ご家族のご都合に合わせて、日曜日退院も可能としています。お気軽にご相談ください。

研修・実習に対するご理解とお願い

当院は、臨床研修指定病院、臨床実習病院となっています。
研修医、医学部学生、薬学部学生、看護学生、救急救命士その他の医療系職種の実習生が研修しております。研修・実習は当院の指導監督のもと実施しており、患者さまにもご協力いただく場合がございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

入院までの流れ

  • 入院は、患者さまの症状により医師が決定します。
  • 入院予約が決まりましたら、入退院支援室で入院日時の予約・必要書類の説明、患者さまの基本情報の確認をさせていただきます。
  • 入院日時が未定で入院予約をしている患者さまには、入院の2~3日前に入院担当から日時等をご連絡いたします。
【入院受付】
月-金 8:30~16:30   土 8:30~12:30
TEL 024-526-0517(直通)
※ 上記時間外は 024-526-0300(代表)

都合により入院日の変更、キャンセルをご希望の場合は、
なるべく早く入院受付までご連絡をお願いいたします。

ご入院手続き

以下の書類等を持参になり、指定された予約日時に1階 入退院受付へお越しください。

  • ① 健康保険証・・・保険証の変更等は都度お知らせください
  • ② 各種医療受給者証・・・高齢受給者証、子ども医療、生保医療券、公費医療券 等
  • ③ 限度額適用認定証・・・事前に加入している保険者へ申請してください
  • ④ 診察券(IDカード)・・・病棟にて退院までお預かりします
  • ⑤ 印鑑
  • ⑥ 入院案内(パンフレット)
  • ⑦ 入院申込書(兼誓約書)・・・内容をご確認の上、記入・捺印をお願いします
  • ⑧ 患者さまに関する確約書
  • ⑨ 入院歴についての申出書・・・過去3ヵ月間に入院歴がある場合は「退院証明書」をご持参ください
  • ⑩ 患者基本情報(入院時問診票)・・・必ず全ての項目についてご回答ください (一部の科のみ)
  • ⑪ 保険外負担に関する同意書
  • ⑫ アメニティセット利用申込書・・・(入院着・タオル等の有料レンタル) ご利用希望時は、記入の上ご持参ください
  • ⑬ 服用中のお薬とお薬手帳

入院中の食事

    当院は管理栄養士が患者さま一人ひとりの栄養状態を管理しており、
    病状に合わせて栄養面からサポートいたします。

     

  • お食事・・・一般食と治療食に分かれており、治療の一環として医師の指示によりご提供いたします。
      一般食は、年齢・身長・体重を考慮したお食事を提供いたします。
      治療食は、病態にあわせたお食事を提供いたします。
    外部からの持込や、出前はご遠慮願います。また、治療食の方は病院食以外の食べ物はお控えください。
  • 配膳時間・・・朝食8時、昼食12時、夕食18時  配膳後はお早めにお召し上がりください。
  • 食事サービス・・・温冷配膳車により、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たくお届けいたします。
    季節感ある料理や行事食をお出しします。
    検査などで食事の時間が遅れる場合は、パン食かうどん食を選択していただき、午前は10時、午後は15時に提供いたします。
  •  

  • 入院時食事療養についての標準負担額は下記のとおりです。(平成30年1月現在)
一般 
(70歳未満)
70歳以上の高齢者 標準負担額
(1食あたり)
一般 (下記以外) 一般 (下記以外) 360円 (2018年4月以降は460円)
(例外1)指定難病患者・小児慢性特定疾病児童等 260円
低所得者(住民税非課税) 低所得者 Ⅱ 過去1年の入院期間が90日以内 210円
過去1年の入院期間が90日超え 160円
  低所得者 Ⅰ          100円

※1 低所得Ⅱとは、70歳以上で同一世帯の世帯主及び国保被保険者が住民税非課税の方
※2 低所得Ⅰとは、70歳以上で同一世帯の世帯主及び国保被保険者が住民税非課税の方で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差引いたときに0円になる方

面会時間

〔面会時間〕   14:00~20:00 (平日・休日共通)

お子さま連れや大勢でのご面会は、患者さまの安静を妨げるばかりでなく、他の患者さまのご迷惑となりますのでご遠慮ください。
また、患者さまの病状により面会時間が制約されたり、お断りする場合もあります。
面会の方は病室内での飲食はご遠慮ください。

※ 参考:「お見舞いの方へ」 ページもご覧ください

看護体制・入院中のきまり

当院は、厚生労働大臣の定める基準 「一般病棟入院基本料7対1」 を実施しています。また、小児入院医療管理料を実施しています。

入院中に守っていただく事項

  • 正面玄関は、朝7時に開扉し夕方17時に閉扉します。
    上記以外の時間は、救急玄関をご利用ください。救急玄関は院内の安全確保のため、22時を過ぎると外からは入れませんのでご注意ください。
  • 消灯時間は21時です。
  • テレビの視聴はイヤホンをご利用ください。消灯時間以降のテレビ視聴はご遠慮ください。
  • テレビ、電熱器、電気ポット等の電気器具の持込みは堅くお断りいたします。
  • ナイフ、はさみ等の刃物は危険ですので院内への持ち込みはお断りいたします。(必要な際は貸し出し致します)
  • 外出・外泊される場合は、主治医の許可と「外出(外泊)届」が必要となります。ご希望の際は看護師へお申し出ください。
  • 病状により病室や病棟の移動をお願いすることがありますので、予めご了承ください。
  • 当院は、原則付き添いはできません。ただし、患者さまの病状やその他の理由により付き添いを希望される場合は、主治医の許可が必要となりますのでお申し出ください。
  • 当院は、敷地内全面禁酒・禁煙ですので厳守ください。
  • 患者さま同士の食べ物のやり取りは避けてください。
  • 入院・退院に際しての医師・看護師等に対する金品等のお心遣いは、堅くお断りしています。
  • つけ爪やとれない指輪は診療の妨げとなりますので、入院前に外してください。
  • 電子体温計の破損・紛失時は自己負担を(2,000円/税込)いただきます。
  • 携帯電話の使用は院内の一部の場所にて使用可能です。
    <使用可能場所>
    正面玄関・救急玄関フロア、各病棟談話室、特別室・個室、
    ※職員使用のPHSは医療機器等に対する安全性を確認しています。
  • 病室内での盗難には十分にご注意ください。万が一事故がありましたら直ちに病棟看護師にお申し出ください。
  • 各病棟にゴミ箱を設置しておりますので、燃えるゴミ、燃えないゴミ、缶・ビン・ペットボトル等の分別にご協力ください。
  • 病院駐車場は台数に限りがあり混雑しているため、入院患者さまの駐車場利用はご遠慮ください。
  • 患者さまのプライバシー保護のため、病院からご家族以外に入院・退院についてお知らせすることはありません。
  • 病室の窓・網戸には手を触れないようにお願いします。強く押したりすると固定が外れ落下する危険があります。また、病室の窓は安全管理の観点から開放制限をさせていただいています。

療養上の相談

病気になると色々な心配や不安事がでてきます。当院では2015年(平成27年)4月より「入退院支援室」を設置しました。
一般的には、入退院をコーディネートするPFM(ペーシェント・フロー・マネージメント)と言われており、入院前から患者さまが安心できるよう、看護師4名・認定看護師2名・事務2名が情報収集と事務説明を行い、各専門職種と入院前から情報の共有を図り、患者さまの相談に応じています。

主な相談内容は以下の通りです。

  • ① 傷病に伴う不安や心配事
  • ② 家族や職場で困っていること
  • ③ 退院に伴うこと
  • ④ 医療費や生活費
  • ⑤ 社会保険や福祉制度
  • ⑥ 退院前の在宅療養準備
  • ⑦ 訪問看護の紹介
  • ⑧ 医療機器や介護用品の購入・取扱い
  • ⑨ 介護のしかた
  • ⑩ その他の在宅療養 など

会計について

入院の費用について

入院費は、「医療費」と「食事にかかる費用」の自己負担額に、特別室料や文書料等の自費分を合算した額となります。
入院料は深夜0時を起点として計算することとなります。

入院費(計)=医療費の自己負担額+食事費用の自己負担額+自費分(特室料金・文書等)

包括支払い方式 (DPC/PDPS:診断群分類別包括制度)

入院される患者さまの病気・病状をもとに、定められた診断群分類毎の1日当たりの定額点数を基本に入院診療費を計算します。
診断群分類は、主治医が病名や治療内容を判断して決定します。また、手術や高額な処置、リハビリは出来高により算定し合算した点数で計算いたします。

包括評価(入院基本料、検査(内視鏡検査等除く)、処置(1,000点未満)、画像診断、投薬、注射)×入院日数+出来高評価(手術、麻酔、輸血、指導管理、処置(1,000点以上)、リハビリ、内視鏡検査等、放射線治療)

病状によって診断群分類が変更になった場合や、包括評価算定から出来高算定に変更になった場合は、患者さまへの請求金額に変更が生じることがございますのでご了承ください。

入院中のお支払い(定期会計)

  • 入院中は、毎月10日過ぎに前月分の請求書を病室へお届けします。
  • 請求書をお受け取りになりましたら5日以内にお支払い願います。
  • 会計は1階会計窓口にてお支払いください。

退院時のお支払い(退院時会計)

  • 請求書を病棟へお届けします。お急ぎの場合は事前にお申し出ください。
  • お支払いが済みましたら、領収書を病棟クラーク又は看護師へご提示ください。
  • 退院当日に追加の処置等が発生した場合は、追加の請求をさせていただくことになりますのでご了承ください。請求書を病棟へお届けします。
  • 退院当日にお支払いできない場合は、会計窓口へお申し出ください。

会計取扱い時間

月~金 8:30~17:00  土曜日 8:30~13:00

※上記時間外・日祝・休診日は救急外来でお支払いください。

  • 領収書は所得税の医療費控除の申告等に必要になりますので大切に保管ください。 なお、領収書の再発行は出来ませんのでご了承ください。
  • 上記の会計取扱い時間のみJCB、VISA、デビットカード等のクレジット支払いがご使用になれます。
    ※時間外、休日等はご使用になれません。
  • 入院中に保険証に変更が生じた場合は、速やかに1階会計窓口へご提示ください。

入院中の他医療機関の受診

当院にご入院中に他の医療機関を受診(投薬含む)が必要になった場合には、主治医からの紹介状が必要になります。
外出・外泊中でも無断で他の医療機関を受診しないでください。

退院・転院の手続き

  • 退院には主治医の許可が必要です。
  • 退院時間は、特別な事情がない限り、原則として午前中(11時まで)となっています。
  • 退院後はご紹介いただいた医療機関で必要に応じて治療を受けていただくこととなります。また、救急等で入院された場合は、お近くの医療機関をご紹介いたします。
  • 病状が安定した患者さまは、患者さまの状態に適した医療機関へ転院いただくこととなります。転院に際しては、患者さまのご意向を受け、適切な医療機関へ紹介できるように努めています。