HOME >> 病理診断科のご案内 - 診療科のご案内

病理診断科のご案内

病理診断科は病理診断を専門とする診断科です。
組織検査、細胞診検査、病理解剖を業務とし、臨床各科から離れた中立的な立場で病理診断を行い、患者様の治療に必要かつ有用な所見を臨床医に提供しています。

病理診断は専門の病理医が行い、それを支えるスタッフも臨床検査技師の資格に加え、専門の資格(病理技術士や細胞検査士)を取得しています。

県北地域で病理医が常勤するのは医大を含め3病院のみで、当院では臨床各科と連携した質の高い医療を提供できると考えております。

また、大原医療センター、清水病院、大原健康クリニックの病理診断も行っており、同じ患者様の各病院の病理診断結果を一元的に管理して、一貫性のある病理診断を行えるシステムになっております。

組織検査
外来や内視鏡で採取された小さな組織片を顕微鏡的に検索し、病気の種類や良悪の判定を行います。組織検査は病変を直接検索することから最終診断になることが多く、非常に重要な役割を担っております。手術で摘出された臓器やリンパ節も組織検査が行われ、術後の治療に必要な、病気の種類や悪性度、病変の広がりなどを検索しています。
また、手術中に組織診断を行うことにより、病気の種類や広がりに応じたより的確な術式の選択が可能になります。
細胞診検査
痰や尿などに異常な細胞が含まれていないかを検索します。また、子宮や乳腺腫瘤などから直接細胞を採取して検査します。組織診断のように最終診断になることは少ないですが、組織検査に比べ患者様の負担(苦痛)が少なく、広い範囲を検査できることが特徴です。
病理解剖
多くの患者様により質の高い診断、治療、ケアが提供できるように、ご遺族のご許可を頂いてご遺体から多くのことを直接教えて頂いております。
なお、病理解剖は解剖資格を有する病理専門医が、許可された解剖室で行っております。

医師紹介

内海 康文(うつみ やすふみ)
[ 役職 ]
主任部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
病理一般
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本病理学会認定専門医
・日本臨床細胞学会認定細胞診専門医(指導医)
・死体解剖資格認定医

[所属学会]
・日本病理学会
・日本臨床細胞学会
・日本癌学会
・日本リンパ網内系学会
・オートプシーイメージング学会
・日本病院総合診療医学会
・日本プライマリ・ケア連合学会

[経歴]
1988年 琉球大学 卒業、琉球大学医学部 第二病理
1993年 福島県立医科大学 第一病理
1999年 大原綜合病院


患者様の立場にたち、託された検体からできるだけ多くの情報をお返しできるように努力しております。病理関連の診断結果は全てデータベース化しており、肉眼所見、組織所見、細胞所見、免疫染色、臨床所見等を総合的に考えた診断、病気の進行や変化に応じた一貫性のある診断を心がけております。