HOME >> 消化器内科 - 診療科のご案内

消化器内科 のご案内 〔2F Aブロック〕

上部消化管、下部消化管、肝・胆・膵疾患と消化器全般の診断と診療を担う科です。特に充実した内視鏡部門が当科の目玉であり、地域のニーズに応じた高度な内視鏡診断・治療が可能です。

患者さまとの十分なコミュニケーション、インフォームドコンセントをもとに、良質な医療をすすめていくのが当科の基本方針です。

特殊医療機器

  • ● 最新鋭のハイビジョンの高画質電子内視鏡システム
    上部・下部内視鏡ともに細径化しており、画像強調システムも充実
  • ● 下部消化管は患者さまの腸の状態に合わせて内視鏡の硬さを変更できる硬度可変式最新電子スコープおよび微細な内視鏡診断ができる拡大内視鏡
  • ● 胆・膵疾患の診断、消化管癌の深達度診断に役立つ超音波内視鏡
  • ● 平成18年5月より上部拡大内視鏡・NBIシステムと小腸内視鏡を導入
  • ● 平成19年より経鼻内視鏡を導入
  • ● 平成22年度よりカプセル内視鏡を導入

平成15年9月より開設している消化器内視鏡センターは、新病院棟では診療科と同じ2Fに位置しています。(Gブロック)
内視鏡室は個室化にてプライバシーの尊重を図り、また、スコープはガイドラインに基づいた高度な洗浄・消毒を行って感染対策も徹底しております。 リカバリールームも設置し、検査後休憩していくことも可能です。
内視鏡機器は上記のとおり最新鋭のものをとりそろえ、高度かつ良質な内視鏡診断・治療が可能と考えております。

当院にての検査を希望される場合はまず、総合患者支援センター 地域医療生活連携室 を通して医師の外来予約をされてください。
クリーンな環境とゆったりした空間で地域の検査ニーズに十分お応えできると考えております。
また、小腸内視鏡システムを導入し、消化管の暗黒大陸であった小腸全域の観察が可能です。肝・胆・膵疾患の診断にはCT・MRIを駆使した画像診断が可能です。

慢性肝炎に対するインターフェロン療法、肝癌に対するラジオ波療法、動注療法も行っております。
その他特殊治療としては潰瘍性大腸炎に対する顆粒球除去療法、クローン病に対する抗TNF-α抗体療法、消化器癌に対する外来化学療法なども積極的に行っております。

内視鏡検査数治療数 (直近3年)

28年度 29年度 30年度
上部内視鏡 4,548 4,849 5,787
下部内視鏡 2,860 2,613 2,392
超音波内視鏡 48 40 62
胆膵内視鏡 169 191 213
上部内視鏡的粘膜切除術・ESD 142 118 131
下部内視鏡的粘膜切除術・ESD 485 472 506
(2019.05更新)

外来診療予定表

受付時間
  • 月曜日~金曜日午前中 (※ 大原綜合病院の午前受付時間に準じます)
    午後は検査等のため、一般診療は受け付けておりません。
  • 土曜日午前中 (※ 大原綜合病院の午前受付時間に準じます)
9月
午前 渡辺 晃
大塚 充
石幡良一
大平俊一郎
大平俊一郎
藤原達雄
猪狩弘之
石幡良一
大塚 充
藤原達雄
渡辺 晃
菊田佳子
(交替で診療)
午後 〔検査〕 〔検査〕 〔検査〕 〔検査〕 〔検査〕

医師紹介

石幡 良一 (いしはた りょういち)
[ 役職 ]
主任部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
食道・胃・大腸癌の内視鏡診断と内視鏡治療、ヘリコバクター関連疾患、内視鏡治療全般
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会認定専門医
・日本消化器病学会指導医
・日本消化器内視鏡学会指導医

[ 所属学会 ]
・日本内科学会
・日本消化器病学会
・日本胃癌学会
・日本消化器内視鏡学会(東北支部評議員)
・日本ヘリコバクター学会

[ 経歴 ]
1988年 福島県立医科大学 卒業、福島県立医科大学 第二内科
1990年 県立会津総合病院
1991年 公立岩瀬病院
1994年 国立療養所福島病院、大原綜合病院


食道・胃・大腸癌の内視鏡診断と、内視鏡治療(ポリペクトミー、EMR、ESD)を中心に診療を行っております。 内視鏡診断(NBI・拡大内視鏡)・治療(拡張術、PEG、EST、ステント治療)を積極的に行いますので御相談・御紹介いただければ幸いです。

大平 俊一郎 (おおひら しゅんいちろう)
[ 役職 ]
部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
消化器、肝臓内科
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会認定医
・日本消化器病学会専門医
・日本肝臓学会専門医
・日本消化器内視鏡学会専門医

[ 所属学会 ]
・日本内科学会
・日本消化器病学会
・日本消化器内視鏡学会
・日本肝臓学会
・日本人間ドック学会

[ 経歴 ]
2002年 日本大学医学部 卒業、日本大学医学部附属板橋病院 内科研修医
2004年 日本大学医学部附属板橋病院 消化器肝臓内科専修医
2014年 大原綜合病院


大原綜合病院消化器内科で医療を始めて6年になりました。今一層の努力で福島の医療を支えられるように頑張ります。(2019.06更新)

藤原 達雄 (ふじわら たつお)
[ 役職 ]
部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
消化器内科(炎症性腸疾患)
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会 認定医
・日本消化器病学会 専門医
・日本消化器内視鏡学会 専門医(東北支部評議員)
・臨床研修指導医
・難病指定医

[ 所属学会 ]
・日本内科学会
・日本消化器病学会
・日本消化器内視鏡学会
・日本炎症性腸疾患学会

[ 経歴 ]
2005年 岩手医科大学医学部 卒業、大原綜合病院 初期臨床研修医
2008年 福島県立医科大学医学部 消化器・リウマチ膠原病内科学講座 入局
2009年 公立相馬総合病院
2010年 福島県立医科大学医学部 消化器内科学講座
2019年 大原綜合病院 消化器内科

福島県立医科大学消化器内科より赴任しました藤原です。大学病院では潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患を中心に診療・研究を行っていました。大学で培った経験・知識を生かして診療に取り組みたいと思います。よろしくお願いいたします。 (2019.04 着任)

渡辺 晃 (わたなべ こう)
[ 役職 ]
部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
消化器疾患・消化器内視鏡治療
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会 認定内科医
・日本消化器病学会 専門医(東北支部評議員)
・日本消化器内視鏡学会 専門医(東北支部評議員)
・日本門脈圧亢進症学会 技術認定医(内視鏡治療)

[ 所属学会 ]
・日本内科学会
・日本消化器病学会
・日本消化器内視鏡学会
・日本消化管学会
・日本門脈圧亢進症学会
・日本胃癌学会
・福島医学会

[ 経歴 ]
2005年 福島県立医科大学医学部 卒業、福島県立医科大学附属病院 卒後臨床研修医
2007年 公立相馬総合病院 内科
2008年 福島労災病院 消化器科
2009年 福島県立医科大学医学部 消化器・リウマチ膠原病内科学講座 後期研修医
2011年 福島県立医科大学医学部 消化器・リウマチ膠原病内科学講座 助手
2014年 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 助手
2015年 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長兼助手
2016年10月 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長兼助教
2019年 大原綜合病院 消化器内科

2018(平成30)年まで福島医大内視鏡診療部で内視鏡治療、特に早期胃がん、食道がんの内視鏡的切除や食道胃静脈瘤の内視鏡治療に力を入れてまいりました。また、消化器がんの化学療法も積極的に行います。よろしくお願いします。 (2019.04 着任)

菊田 佳子 (きくた よしこ)
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
消化器内科
[ 博士号・認定医等 ]
・日本内科学会 認定内科医
・日本消化器病学会 専門医
・日本消化器内視鏡学会 専門医
・福島県医師臨床研修 指導医

[所属学会]
・日本内科学会
・日本消化器病学会
・日本消化器内視鏡学会

[ 経歴 ]
2011年 山形大学医学部 卒業、 山形大学医学部附属病院 初期研修医
2013年 公立置賜総合病院 消化器内科
2015年 米沢市立病院 消化器内科
2015年 大原綜合病院 胃腸科


福島の医療に貢献できるように頑張ります。

大塚 充 (おおつか みつる)
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
消化器内科

 

[ 所属学会 ]
・日本内科学会

[ 経歴 ]
2017年 福島県立医科大学医学部 卒業、大原綜合病院 初期臨床研修医
2019年 福島県立医科大学消化器内科学講座 入局
     大原綜合病院 消化器内科

みなさまにより良い医療を提供できるように、全力で診療に取り組みます。 (2019.04 着任)