HOME >> 放射線科・画像診断センター・肺二次検診外来のご案内 - 診療科のご案内

放射線科・画像診断センター・肺二次検診外来のご案内

放射線科は、本院、医療センター、健康クリニックが相互に連携し、スタッフが最も能力を発揮できる体制をとっています。

現在の医療において画像診断の関与する割合は極めて大きく、診療方針を左右する場面もあります。
放射線画像診断の根本的な考え方は「少ない負担で体の中をみる」ことです。当院では、放射線科専門医が、CTやMRIの最適な撮影条件を指示し、各依頼科の先生に画像と報告書を提供しています。

外来は、登録医の先生方からの依頼によるCT・MRI検査を行っています。ぜひご活用ください。
また、画像に関するご依頼・ご相談も、専門医が常駐する大原綜合病院へお願い致します。

特殊医療機器

80列マルチスライスCT、1.5テスラMRI、マンモグラフィ、3次元画像作成装置(ワークステーション)、PACSレポートシステムなど
すべての機器がデジタル化され、精細な情報が得られます。

外来

二次検診外来では、登録医の先生方からの依頼で、胸部CTを中心とした二次検診(精密検査) を行っております。
当院のマルチスライスCTを用いて、より精細な画像を取得し、専門医の目で、より精確な診断を提供させていただいております。悪性病変(癌など)の診断は簡単ではありませんが、専門医の目を通すことにより、患者さまに安心して受診していただけるように心がけております。
また、必要最低限の被曝低減撮影を行っています。

高度医療機器共同利用では、登録医の先生方よりご紹介いただいた患者さまを迅速に検査し、報告書を提供させていただいております。

外来診療予定表

 
午前 佐久間光太郎 森谷浩史 森谷浩史 佐久間光太郎 森谷浩史
午後 佐久間光太郎 森谷浩史 森谷浩史 佐久間光太郎 森谷浩史

医師紹介

森谷 浩史(もりや ひろし)
[ 役職 ]
副院長
(画像診断センター長)
(福島県立医科大学臨床教授)
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
胸部放射線診断、肺癌と治療、緩和医療、遠隔画像診断
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本医学放射線学会認定専門医
・日本細胞学会指導医
・日本呼吸器内視鏡指導医
・日本癌治療学会臨床試験登録医

[所属学会]
・日本医学放射線学会
・胸部放射線研究会
・日本肺癌学会
・日本呼吸器内視鏡学会
・日本臨床細胞学会
・県医師会生活習慣病予防委員会(肺がん部会委員)

[経歴]
1981年 福島県立医科大学 卒業、福島県立医科大学 放射線科
1982年 慈山会医学研究所附属坪井病院
1984年 福島県立医科大学 放射線科
2003年 大原綜合病院
2009年 仙台厚生病院
2011年 大原綜合病院附属大原医療センター


福島県立医科大学・大原綜合病院・仙台厚生病院にて肺癌など胸部疾患への対応をライフワークとして医療に携わってきました。特に、近年は、ヘリカルCT・320列CT・PET-CTなどを用いた画像診断を行っており、疾病予防のための画像診断の重要性を実感しています。
大原医療センターでは、320列CTをはじめとする高機能画像診断装置を有効に活用して、癌の早期発見・生活習慣病の予防に全力を注いでおります。特に、集団検診で精密検査を指示された場合は放射線科外来で低被曝の320列CTを用いて直ちに精密撮影を行いますので、ご利用下さい。
また、癌の診断・治療方針の決定・緩和医療などについても放射線科専門医・がん専門医としての経験および地域ネットワークを駆使して対応させていただきます。
現在、放射線被曝が重要な社会問題となっています。放射線科専門医として当院で保有する機器を適切に用い、不安のない放射線被曝と最善の画像診断を心がけていますので、お気軽にご相談下さい。

佐久間 光太郎(さくま こうたろう)
[ 役職 ]
部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
放射線診断
[ 博士号・認定医等 ]
・放射線診断専門医
・核医学専門医
・PET核医学認定医

[所属学会]
・日本医学放射線学会
・日本核医学会
・日本IVR学会

[経歴]
2004年 福島県立医科大学 卒業、大原綜合病院 臨床研修医
2006年 福島県立医科大学 放射線科
2007年 太田西ノ内病院 放射線科
2013年 福島県立医科大学 放射線科
2014年 大原綜合病院附属大原医療センター


よろしくお願いいたします。