HOME >> 腎臓内科 - 診療科のご案内

腎臓内科 のご案内 〔2F Aブロック〕

慢性腎臓病(CKD)は生活習慣病との関連が深く、放置すると腎臓の働きを低下させるだけでなく、心血管病(心不全や脳卒中)を高率に合併するため、早期の診断と治療が必要です。
当院は、CKD重症化予防連携専門医療機関であり、地域医療連携にも力を入れ、腎臓病全般の診療を担当しています。また、市内随一の130名を超える患者さまに対して血液透析療法を行っており、災害時透析医療拠点施設の役割も担っています。
健診などで蛋白尿やクレアチニン値の異常を指摘された方や高血圧でお困りの方は、お気軽にご来院の上ご相談ください。
「人工透析センター」は3Fにあり、正面玄関右手の専用エレベーターでご利用できます。

主な症例・疾患
腎疾患、高血圧などの専門領域を主とした診療

外来診療予定表

受付時間
  • 月曜日~金曜日午前中 (※ 大原綜合病院の午前受付時間に準じます)
    午後は一般診療を受け付けておりません。
  • 土曜日午前中 (※ 大原綜合病院の午前受付時間に準じます)
9月
午前 亘理裕昭 櫻井 薫 櫻井 薫
沼田暁彦
亘理裕昭 亘理裕昭
沼田暁彦
櫻井 薫
沼田暁彦
午後          

医師紹介

亘理 裕昭 (わたり ひろあき)
[ 役職 ]
副院長
 (福島県立医科大学臨床教授)
 (福島県立医科大学客員講師)
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
腎臓、透析、高血圧
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会認定内科医
・日本透析医学会専門医
・日本腎臓学会認定腎臓専門医

[所属学会]
・日本内科学会
・日本透析医学会
・日本腎臓学会
・日本高血圧学会

[経歴]
1984年 福島県立医科大学 卒業、福島県立医科大学 第三内科
1989年 福島県立医科大学大学院 修了
1991年 大原綜合病院附属大原医療センター
2007年 福島県立医科大学臨床教授
2018年 大原記念財団 大原綜合病院


透析導入から、透析患者の合併症に至るまで幅広く診療しております。 また、腎疾患や高血圧でお悩みの方も気軽にご相談ください。

■福島県立医科大学臨床教授 とは
文部科学省の21世紀医学・医療懇談会において「医療人の育成を図る上で、臨床実習を含む臨床教育の充実を図ることは極めて 重要である。そのために「臨床教授」制度を設け、大学の教官とともに、大学以外の医療機関等の優れた人材が医療現場での 豊かな経験を踏まえ、医療人材教育に参加、協力できる方策を立てる事が強く望まれる」と謳われ、福島県立医科大学より 委嘱を受けています。

櫻井 薫 (さくらい かおる)
[ 役職 ]
主任部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
腎臓、透析
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会認定医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本腎臓学会専門医
・日本透析医学会専門医

[所属学会]
・日本内科学会
・日本腎臓学会
・日本透析医学会
・日本高血圧学会

[経歴]
1997年 福島県立医科大学卒業、福島県立医科大学 第三内科
1998年 白河厚生総合病院 内科
2000年 福島県立医科大学 第三内科
2014年 大原綜合病院附属 大原医療センター
2018年 大原記念財団 大原綜合病院

これまで主に学んできた腎臓・透析の経験を生かしながら、地域の医療に貢献できるよう努めてまいりたいと思います。

沼田 暁彦 (ぬまた あきひこ)
[ 役職 ]
部長
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
腎臓内科
[ 博士号・認定医等 ]
・日本内科学会認定内科医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本腎臓学会認定腎臓専門医

[所属学会]
・日本内科学会
・日本腎臓学会
・日本高血圧学会
・日本透析医学会

[経歴]
2004年 自治医科大学医学部 卒業
     自治医科大学附属病院 臨床研修
2006年 福島県立南会津病院s
2010年 自治医科大学 腎臓内科 後期研修
2012年 南会津地方広域市町村圏組合地域医療支援センター
2013年 福島県立南会津病院
2015年 JCHO仙台病院
2016年 大原記念財団 大原医療センター
2018年 大原記念財団 大原綜合病院


各地での経験を生かし、福島の地域医療に貢献できるように 努力していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。