HOME >> 内科 - 診療科のご案内

内科 のご案内 〔2F Aブロック〕

循環器・高血圧症、糖尿病、代謝・内分泌疾患などを中心に診療しております。睡眠時無呼吸症候群の診療も精力的に行っています。
当科は生活習慣、特に食事と関連の深い領域です。管理栄養士と連携して栄養指導を行って病の改善、心血管病の一次・二次予防を積極的に行っております。

専門外来

内科一般外来、循環器・高血圧外来、糖尿病外来、アレルギー外来、リウマチ・膠原病外来、睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来、禁煙外来

外来診療予定表

受付時間
  • 月曜日~金曜日午前中 (※ 大原綜合病院の午前受付時間に準じます)
    午後は予約・紹介のみの診療となります。
  • 土曜日午前中 (※ 予約外の場合、10時30分で受付終了となります) 
7月
午前 菅野理平
下村健寿
石橋敏幸
海瀬俊治
下村健寿
今野一郎
菅野理平
海瀬俊治
今野一郎
菅野理平
第3週を除く
 石橋敏幸
第1.3.5週
 海瀬俊治
福島医大医師
【第1週
 SAS外来・
 禁煙外来】
 石橋敏幸
工藤明宏
※予約外は
10:30
受付終了
午後   福島医大医師 海瀬俊治   海瀬俊治
  • 【SAS(睡眠時無呼吸症候群) 外来】 第1金曜日 午前中  担当医/石橋敏幸

医師紹介

石橋 敏幸 (いしばし としゆき)
[ 役職 ]
院長代行
 兼 経営本部統合病床管理部長
   診療部内科 診療責任者
   健診予防センター長
   総合臨床研修センター長
 ( 福島県立医科大学臨床教授)
 ( 福島市臨床研修"NOW"プロジェクト 代表)
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
循環器内科学、動脈硬化学、救急蘇生
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会 認定医・指導医・総合内科専門医
・日本循環器学会専門医
・日本動脈硬化学会専門医
・日本血液学会専門医・指導医
・ACLSインストラクター/BLSリードインストラクター
・ ICLSディレクター
・JMECCインストラクター
・福島市医師会理事
・検証医

[ 所属学会 ]
・日本内科学会(全国・東北評議員)
・日本循環器学会(東北評議員)
・日本動脈硬化学会(全国評議員)(若手育成部会長)
・日本糖尿病合併症学会(全国評議員)
・日本救急医学会
・日本血液学会(全国評議員)

[ 経歴 ]
1981年 福島県立医科大学 卒業
1984年 米国スクリップス研究所 留学
1988年 福島県立医科大学大学院 卒業
1998年 福島県立医科大学 内科学第一講座講師
2002年 福島県立医科大学 内科学第一講座助教授
2009年 福島県立医科大学 循環器・血液内科学准教授
2010年 大原綜合病院附属大原医療センター院長代理、大原看護専門学校校長、福島県立医科大学非常勤講師
2012年 福島県看護学校協議会 理事
2013年 大原綜合病院 副院長、臨床研修プログラム責任者、福島県立医科大学臨床教授
2014年 福島市臨床研修"NOW"プロジェクト代表
2018年 大原綜合病院 内科統括部長、健診予防センター長、総合臨床研修センター長

院内スタッフのみなさん、地域のみなさんと力を合わせて地域から信頼される病院を目指してまいります。
また、若手医療人の育成に力を注ぎ、医学生と看護学生から選ばれる研修病院を築き、希望ある地域医療に貢献していきたいと思います。
さらに、福島の健康寿命の充実に向け、救急蘇生、循環器診療の向上、塩分制限・禁煙を中心とする予防医学に取り組み、超高齢化時代が“幸齢”、“光齢”の世代になるように取り組んでまいりたいと思います。

海瀬 俊治 (かいせ しゅんじ)
[ 役職 ]
診療顧問
[ 勤務形態 ]
常勤
[ 専門 ]
呼吸器・アレルギー疾患、リウマチ・膠原病疾患
[ 博士号・認定医等 ]
・医学博士
・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本アレルギー学会専門医(指導医)
・日本リウマチ学会専門医(指導医)
・日本医師会認定産業医
・ICD
・日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
・日本渡航医学会認定医療職

[ 所属学会 ]
・日本内科学会
・日本呼吸器学会
・日本アレルギー学会
・日本リウマチ学会(評議員)
・日本感染症学会
・日本化学療法学会
・日本環境感染学会
・日本渡航医学会

[ 経歴 ]
1979年 福島県立医科大学 卒業
1998年 大原綜合病院
      (福島県立医科大学呼吸器内科非常勤講師)



 

 


■ 福島県立医科大学臨床教授
文部科学省の21世紀医学・医療懇談会において「医療人の育成を図る上で、臨床実習を含む臨床教育の充実を図ることは極めて重要である。そのために「臨床教授」制度を設け、大学の教官とともに、大学以外の医療機関等の優れた人材が医療現場での豊かな経験を踏まえ、医療人材教育に参加、協力できる方策を立てる事が強く望まれる」と謳われ、福島県立医科大学より委嘱を受けています。