HOME >> リハビリテーション科のご案内 - 診療科のご案内

理学療法士(Physical Therapist)

対象となる患者様に対し、早期よりリハビリテーションを実施しています。
個々の患者様に合わせた運動療法や物理療法、動作練習、歩行練習を行うことで、日常生活には欠かせない立ち上がり・歩行などの基本動作獲得を目指します。
また、医師をはじめ、看護師・薬剤師・栄養士の他職種と連携し、腰痛教室や糖尿病教室での運動療法も定期的に行っています。

作業療法士(Occupational Therapist)

対象となる患者様1人1人に合わせたリハビリを早期より実施しています。
基本的な動作能力の向上を図りながら、退院後の生活様式に、現在の能力が対応出来るかを検討し、食事、着替え、トイレなどの実用的な動作や、家事などの応用的な動作の練習をします。
また、様々な疾患で手や腕の機能が低下した場合、仕事や趣味、個人の価値観を勘案し、技術や作業活動の提供、スプリント及び自助具の作成・提供をしています。
これらに加え精神面への働きかけも行うことで、患者様1人1人が主体的な生活を獲得できる事を目指します。

言語聴覚士(Speech-Language-Hearing-Therapist)

飲み込みの障害である摂食・嚥下障害、コミュニケーションの障害である言語障害(失語症、構音障害、音声障害)、高次脳機能障害、発達障害のある患者様に対しリハビリテーションを行います。
特に摂食・嚥下障害に対するリハビリテーションでは、嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査も耳鼻科医師と共に実施しています。
また、当院では嚥下障害に対する外科的治療も積極的に行っており、手術後のリハビリテーションにも取り組んでいます。

外来診療予定表

受付時間
  • 月曜日から金曜日8時30分から11時まで