HOME >> ご挨拶 - 臨床研修プログラムについて

ご挨拶

副理事長 兼 院長 佐藤 勝彦

困難に立ち向かう医師に育て

副理事長 兼 院長
佐藤 勝彦

当院は明治29年(1896)に開祖である大原一先生が福島一の病院を作ると大志を抱いて独立開業されたことに始まります。職員一同は、野兎病の研究など先人たちが成し遂げた偉業を誇りとして、より質の高い医療サービスの提供を目指して日夜取り組んでいます。

当院は新臨床研修制度が始まる前の平成13年に臨床研修病院として認可をうけました。それ以来、若き研修医の教育にも熱心に取り組んで参りました。年数を経るに従い、研修医の数も増し、当院を巣立った研修医の活躍を耳にし、そのうちの何人かが当院に戻り立派に診療している姿をみると無上の喜びを感じます。

当院における初期研修の特徴は、研修医本位であることです。研修の根本は、「与えられるものではなく求めるものである」という理念のもと、研修医の意見を取り入れ、救急症例検討会、レジデントレクチャー、CPCなどの研修内容を進化させ、担当事務員を配置したり研修医室を設置したりと研修環境の良化にも配慮しています。特に、厚労省が求めている「プライマリ・ケアの基本的診療能力を身につける」ための救急研修では、病院全体で研修医をバックアップする体制を構築し充実を図っています。

このたびの東日本大震災では原発事故も重なり医療者のとるべき行動が問われました。臨床の現場では、困難な事態に何度も直面します。医師として成長するためには、その都度困難を乗り切ることが必要です。初期臨床研修では、医学的知識と技術はもとより医療人として必要な資質を養うことが求められます。当院での研修を通して、困難な状況にも毅然として立ち向かう医師に育ってもらいたいものです。

プログラム責任者 石橋 敏幸

全国に誇れる研修システムを
皆さんと共に

副院長
プログラム責任者
石橋 敏幸

震災から6年が経過した福島。研修医は元気に地域医療を牽引しています。
医師として福島の復興に寄与したいという志をもって当院で研修していた研修医が平成26年(2014)4月4日のNHK番組 “総合診療医ドクターG” に出演し、普段は感じない“なまりのある立派な福島弁”で大原綜合病院の教育の高さを全国に発信してくれました。
わが病院のみならず地域や被災の方々に元気と希望を与えたことは言うまでもありません。同期の4名は、高い志をもって研修を楽しみ、地域医療復興の救世主になってくれました。その心を受け継ぎドクターG出演を含め、後輩も続いています。

創立125年の大原綜合病院の理念は“人を愛し、病を究める”、臨床研修にもその理念は反映されています。
数多い患者数のなかで救急医療をターゲットとした研修に力をおいています。わが病院は福島県立医大から最も近い研修病院で、救急医療学講座と連携して第一線の救急対応が研修医からの評判です。
勿論、“プライマリケア力”をつけることと総合診療にも力をいれ、ドクターGで有名な徳田安春先生はじめ全国トップクラスの先生方にも関わっていただいています。また、病を究める臨床病理カンファランス(CPC)は全国に誇れる特徴のひとつです。
さらに、行政、医師会とともに研修医育成事業“福島市臨床研修”NOW”プロジェクト”の中心的役割を担っています。

指導医・上級医はじめ病院のスタッフは研修医を教育しながら、研修医とともに楽しく成長し、大原の“教育”は
“共育”です。その“共育”精神を中心軸に据えた大原綜合病院は、医師としての初めの2年を過ごすに値する研修病院です。
新しい歴史を築く皆さんの出番です。医学生の皆さん、大原で楽しく研修し一緒に成長していきましょう。

 

(平成29年(2017)4月)