HOME >> 後期研修医(専攻医)の募集 - 大原ジェネラリスト養成プログラム

「大原ジェネラリスト養成プログラム」 の内容

総合診療専門研修は、卒後3年目からの専門研修(後期研修)3年間で構成されます

  • 1年次修了時には、患者の情報を過不足なく明確に指導医や関連職種に報告し、健康問題を迅速かつ正確に同定することを目標とします。主たる研修の場は内科研修となります。
  • 2年次修了時には、診断や治療プロセスも標準的で患者を取り巻く背景も安定しているような比較的単純な健康問題に対して的確なマネジメントを提供することを目標とします。主たる研修の場は総合診療専門研修Ⅱになります。
  • 3年次修了時には、他疾患合併で診断や治療プロセスがやや困難であり、患者を取り巻く背景も疾患に影響している複雑な健康問題に対しても的確なマネジメントを提供することができ、かつ指導できることを目標とします。主たる研修の場は総合診療専門研修Ⅰになります。
  • また、総合診療専門医は日常遭遇する疾病と障害等に対する適切な初期対応と必要に応じた継続的な診療を提供するだけでなく、地域のニーズを踏まえた疾病の予防、介護、看取りなど保険・医療・介護・福祉活動に取り組むことが求められますので、18ヵ月以上の総合診療専門研修Ⅰ及びⅡにおいては、後に示す地域ケアの学びを重点的に展開することとなります。
  • 3年間の研修の終了判定には以下の3つの要件が審査されます。
    1. 定められたローテート研修を全て履修していること
    2. 専攻医自身による自己評価と省察の記録、作成した経験省察研修録を通じて、
      到達目標がカリキュラムに定められた基準に到達していること
    3. 研修手帳に記録された経験目標が全てカリキュラムに定められた基準に到達していること

  • 様々な研修の場において、定められた到達目標と経験目標を常に意識しながら、様々な症候や疾患、更には検査・治療手技を経験する中でそのレベルを高めていき、あらゆるケースで自ら判断して対応あるいは実施できることを目指していくこととなります。

専門研修における学び方

専攻医の研修は臨床現場での学習、臨床現場を離れた学習、自己学習の大きく3つに分かれます。それぞれの学び方に習熟し、生涯にわたって学習していく基盤とすることが求められます。

 

臨床現場での学習

職務を通じた学習(On-the-job training (OJT))を基盤とし、診療経験から生じる疑問に対してEBMの方法論に則り、文献等を通じた知識の収集と批判的吟味を行うプロセスと、総合診療の様々な理論やモデルを踏まえながら経験そのものを省察して能力向上を図るプロセスを両輪とします。その際、学習履歴の記録と自己省察の記録を経験省察研修録(ポートフォリオ:経験と省察のプロセスをファイリングした研修記録)作成という形で全研修課程において実施します。場に応じた教育方略は下記の通りです。

 

・ 外来医療

経験目標を参考に幅広い経験症例を確保します。外来診察中に指導医への症例提示と教育的フィードバックを受ける外来教育法(プリセプティング)、さらには診療場面をビデオ等で直接観察してフィードバックを提供するビデオレビューを実施します。また、指導医による定期的な診療録レビューによる評価、さらには症例カンファレンスを通じた臨床推論や総合診療の専門的アプローチに関する議論などを通じて、総合診療への理解を深めていきます。また、技能領域については、習熟度に応じた指導を提供します。

 

・ 在宅医療

経験目標を参考に幅広い経験症例を確保します。初期は経験ある指導医の診療に同行して診療の枠組みを理解するためのシャドウイングを実施します。外来診療と同じく、症例カンファレンスを通じて学びを深め、多職種と連携して提供される在宅医療に特徴的な他職種カンファレンスについても積極的に参加し、連携の方法を学びます。

 

・ 病棟医療

経験目標を参考に幅広い経験症例を確保します。入院担当患者の症例提示と教育的フィードバックを受ける回診及び多職種を含む病棟カンファレンスを通じて診断・検査・治療・退院支援・地域連携のプロセスに関する理解を深めます。指導医による診療録レビューや手技の学習法は外来と同様です。

 

・ 救急医療

経験目標を参考に救急外来で幅広い経験症例を確保します。外来診療に準じた教育方略となりますが、特に救急においては迅速な判断が求められるため救急特有の意思決定プロセスを重視します。また、救急処置全般については技能領域の教育方略(シミュレーションや直接観察指導等)が必要となり、特に、指導医とともに処置にあたる中から経験を積みます。

 

・ 地域ケア

地域医師会や病院OBとの交流と通じて、地域包括ケアの意義を理解し診療ネットワークの形成を図り、日々の診療の基盤とします。さらには産業保健活動、学校保健活動を学び、それらの活動に参画します。参画した経験を指導医とともに振り返り、その意義や改善点を理解します。

 

臨床現場を離れた学習
  • 総合診療の様々な理論やモデル、組織経営マネジメント、総合診療領域の研究と教育については、関連する学会など関連する学会の学術集会やセミナーや研修会、福島県立医科大学医学部 地域・家庭医療学講座 が主催するカンファレンスへ参加し、研修カリキュラムの基本的事項を履修します。
  • 医療倫理、医療安全、感染対策、保健活動、地域医療活動等については、日本医師会の生涯教育制度 や関連する学会の学術集会等を通じて学習を深めます。地域医師会における生涯教育の講演会は、診療に関わる情報を学ぶ場としてのほか、診療上の意見交換等を通じて人格を涵養する場として活用します。
自己学習

研修カリキュラムにおける経験目標は原則的に自プログラムでの経験を必要としますが、やむを得ず経験を十分に得られない項目については、総合診療領域の各種テキストやWeb教材、更には日本医師会生涯教育制度及び関連する学会におけるe-learning教材、医療専門雑誌、各学会が作成するガイドライン等を適宜活用しながら、幅広く学習します。

 

専門研修における研究

最先端の医学・医療を理解すること及び科学的思考法を体得することは極めて重要であり、研修中の文献検索や批判的吟味により体得を目指します。また、専攻医は原則として学術活動に携わる必要があり、学術大会等での発表(筆頭に限る)及び論文発表(共同著者を含む)を行うこととします。


本研修プログラムでは、福島県立医科大学医学部 地域・家庭医療学講座 及び 福島県立医科大学 総合科学教育研究センター と連携しながら、臨床研究に携わる機会を提供する予定です。研究発表についても経験ある指導医からの支援を提供します。

研修内容

■ 1年目 大原綜合病院:総合診療専門研修Ⅱ

 

■ 2年目 大原綜合病院:内科・小児科・救急科の領域別必修 研修

 

■ 3年目 3年目の前半はほし横塚クリニック、喜多方市地域・家庭医療センター、
     朝日診療所、保原中央クリニックの いずれかで総合診療専門研修Ⅰ

 

《 ローテーションの一例 》
1年目 研修月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
施設名 大原綜合病院
領域 総合診療専門研修Ⅱ
2年目 研修月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
施設名 大原綜合病院
領域 内 科
3年目 研修月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
施設名 ほし横塚クリニック 等 (※1) 大原綜合病院
領域 総合診療専門研修Ⅰ 小児科 救急
  • ※1 ほし横塚クリニック、喜多方市地域・家庭医療センター、只見町国保朝日診療所、保原中央クリニックの3診療所から希望に合わせて選択
  • 研修プログラムの研修期間は3年間としていますが、修得が不十分な場合は、修得できるまでの期間を延長することになります。

 

《 研修施設 》
施設名 所在地
保原中央クリニック 福島県伊達市保原町城ノ内73-1
公益財団法人星総合病院 ほし横塚クリニック 福島県郡山市横塚2丁目20-36
喜多方市地域・家庭医療センター 福島県喜多方市六枚長4212
只見町国民健康保険朝日診療所 福島県南会津郡只見町長浜字久保田31

 

 

 

お問い合わせ・お申込

下記連絡先に電話・メールにてお問い合わせ、お申込ください。

  • 臨床研修管理委員会(経営本部 総務部総務課)
    〒960-8611 福島県福島市上町6番1号
    TEL: 024-526-0338(直通) / FAX: 024-526-0342
    事務担当 佐藤・武田