HOME >> プログラム概要 - 後期臨床研修

プログラム概要

当院の後期研修は、原則として専攻する診療科に所属しますが、専門医の希望により他科ローテートを行うなど柔軟なプログラムが組めるよう構築しております。

  • プログラム名称一般財団法人大原記念財団 大原綜合病院 後期専修プログラム
  • 研修理念医師法代16条の2に定める臨床研修(以下「初期研修」という。)の終了者が、専門領域の知識、技能を修得するために研修を行い、各種専門領域における認定医、専門医の資格修得を目指す。
  • 研修期間原則として2年から5年間とする。※ただし専修医の希望に臨機応変に対応可。
  • 研修方法本的には希望する専門領域のストレート研修とする。本人の希望または必要に応じ一定期間の他科研修(他科ローテート)の実施をすることができる。
  • 管理運営後期研修プログラムの管理運営は、原則として当該診療科で管理し、研修計画、研修評価、プログラムの見直しを行い、専門医が充実した後期研修が行えるよう環境整備を構築している。
  • 指導体制後期専修医が各研修科で重複しないように配慮し、指導医2~4名のチームに後期研修医が1名がつき、指導責任の指示・監督のもと研修を行う。また、後期研修医は、後輩の専修医および初期研修医のチーフレジデントとして教育担当も併せて行う。
  • 終了後の進路引き続き常勤医として勤務することも可能であるが、希望する大学各医局への入局もサポートする。また、他病院での更なる専門領域での研修も可能。

研修期間&専門医試験受験資格

当院で研修可能な診療科における研修期間と各種専門医資格取得(受験資格)までの期間です。

研修コース 初期研修 後期研修
PG-1
(1年目)
PG-2
(2年目)
PG-3
(3年目)
PG-4
(4年目)
PG-5
(5年目)
PG-6
(6年目)
PG-7
(7年目)
PG-8
(8年目)
内科一般コース 内科
認定医
専門医
循環器内科コース 内科
認定医
透析専門医コース 内科
認定医
専門医
胃腸科コース 内科
認定医
専門医
小児科コース 専門医
精神科コース 専門医
放射線科コース 認定医 専門医
外科一般コース 専門医 専門医
心臓血管外科コース 専門医
耳鼻咽喉科コース 専門医
産婦人科コース 専門医
病理部コース