HOME >> お知らせ一覧 >> 第96回救急症例検討会が開催されました

おしらせ

[救急症例検討会] 第96回救急症例検討会が開催されました

2017.05.11


平成29年4月28日(金)午後5時30分より、大原綜合病院 第3会議室において「第96回救急症例検討会」が開催され、2年次研修医の持丸友昭先生がプレゼンテーションを行い、司会を2年次研修医の渡邉健史先生が担当しました。

今回は、1年次研修医の先生方が同じグループの2年次研修医の先生方や同期の先生方と活発にカンファレンスを行い、鑑別診断を行っていきました。
1年次研修医の先生が胸部X線を読影する場面では、悩む表情を見せる1年次研修医の先生へ2年次研修医の先生が助言し、フォローする姿が印象的でした。
患者さまの当時の病態から様々な可能性が検討されましたが、最終鑑別診断では全グループが正解という結果となり、拍手が沸き起こりました。

最後に、プレゼンターの持丸先生から「呼吸困難の初期診療・鑑別診断」についてのまとめがされた後、総合診療科 部長 川井巧先生、副部長 菅藤賢治先生から「間違いを恐れずたくさん発言し、勉強すること」「全体を丁寧に考えることが大切」とコメントをいただき「第96回救急症例検討会」は終了しました。
研修医の皆さん、大変お疲れ様でした!!
 

平成29年度も毎月「救急症例検討会/ケーススタディ」を実施していきますので、興味のある方はお気軽にご参加ください。