HOME >> お知らせ一覧 >> 福島市臨床研修“NOW”プロジェクト「第12回ケーススタディおよび講演会」を開催しました!!

おしらせ

[セミナーレポート] 福島市臨床研修“NOW”プロジェクト「第12回ケーススタディおよび講演会」を開催しました!!

2020.01.27


令和2年1月25日(土)午後2時より大原綜合病院 第1会議室において、福島市臨床研修“NOW”プロジェクトCPCおよび第12回ケーススタディが開催され、研修医、指導医、医学生合わせて39名が参加しました。

福島市臨床研修“NOW”プロジェクト代表 石橋敏幸先生と福島市医師会会長 岡野誠先生の挨拶の後、CPC(臨床病理カンファランス)が行われました。
臨床部門を内海滉人先生(大原綜合病院1年次研修医)、病理部門(ミクロ・マクロ)を角田拓也先生(大原綜合病院1年次研修医)が担当しプレゼンテーションを行いました。
他病院の指導医の先生方や研修医からの質問に対して、しっかりと病態、診断、考察を述べる発表者の内海先生・角田先生の姿からは、日頃の研修の成果や多忙の中準備を進めた努力が感じられました。
実際の臓器を呈示した大変貴重な機会に研修医をはじめ参加者全員が、真剣な表情で臨床と病理の観点から学びを深めていました。

引き続き行われたケーススタディでは、「~Case conferenceから学ぶ~ Difficult caseに対するBasic approach」と題して、福島県立医科大学附属病院総合内科 會田哲朗先生を講師にお招きし、診断を考える際のコツや注目すべきポイントについて楽しく教えていただきました。最後に會田哲朗先生からの激励のお言葉もいただき、笑顔あふれる大変充実した時間となりました。