HOME >> プログラムの特徴 - 初期臨床研修

プログラムの特徴

大原綜合病院の臨床研修の3本柱

当院の臨床研修プログラムは、情熱ある指導医と臨床研修制度の共通認識の指導体制のもと、3つの重点項目を研修することで、 プライマリ・ケアの診断能力を確実に修得し、医師としての基本要素を身につけることができる。

研修医主体の研修

当院では、研修医に充分な症例数・種類を経験させることでプライマリケアの診断能力を身につけることを目的とし、救急外来でのCommon diseaseな症例をはじめ、とにかく多くの患者と多くの時間を触れ合うことを重視し、入院患者の受持ち、診断・検査から治療方針の選択と、外来診療等を含む、より実践的な臨床の場での研修を行うことで、全人的な医療を実施し、医師としての責任感・医療人としての心得を学ぶことを最大の目的としている。

救急医療

当院の救急医療は、福島県県北地方の二次救急指定病院として屈指の救急患者を受入れており、新生児から高齢者、軽症・交通外傷からCPA等、市中病院でこそ経験可能なcommon diseaseの豊富な症例が経験できる。2年間の初期研修期間中において通年で実施し、かつ救急医療の最前線で研修医主体となって対応することで、研修修了までには救急疾患に充分に対応できる臨床能力とコンサルテーション能力を身につけることができる。

充実した教育行事

研修医に係るカンファランスが盛りだくさんで、共通教育行事への参加は最優先で実施される。中でも特記すべきカンファランスは、救急で最低限必要とされる知識・手技をテーマとした「レジデントレクチャー」の他、研修医が実際に経験した症例をもとに鑑別診断の検討を行う「救急症例検討会」、臨床診断のつかなかった症例について検討する「CPC(臨床病理カンファランス)」は研修医以外に指導医、コ・メディカル、看護部が参加し開催されている。

当院の臨床研修プログラムは、厚生労働省の推奨する基本理念「医師が医師としての人格をかん養し、 将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療 において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に付ける」は勿論 のこと、当院研修プログラムの特徴である、救急医療、プライマリ修得、充実した研修医カンファランス、 熱い指導体制により、「医師としての人格育成」、「全人的医療の実践」が可能となる。

当院の臨床研修に係る「基本構想」
大原綜合病院臨床研修プログラム習得エリア

医師としての人格育成

全人的医療の実施

  • 救急医療救急医療
  • PrimaryCare
  • 教育事業
  • 指導体制