HOME >> 研修ローテート - 初期臨床研修

研修ローテート

基本プログラム

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急 麻酔科 外科 選択外科
2年次 整形外科 小児科 産婦人科 精神科 地域医療 自由選択科
必修科目
  • ○ 内科、救急部門、麻酔科、整形外科、外科、選択外科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療を必修とする。
    (研修期間は、内科6ヵ月、救急科2ヵ月、麻酔科2ヵ月、他科1ヵ月)
  • ○ 選択外科は、外科、耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科、脳神経外科、心臓血管外科、乳腺外科の中から、 2週間単位で2コマ選択する。
  • ○ 救急部門の研修 : 救急部門に2ヵ月間所属し、救急外来の研修および1年次5月から日当直を4回/月を実施する。
    (※救急部門研修中に半日3日間の耳鼻咽喉科研修を行う)
    希望があれば協力病院である福島県立医科大学救急科での研修も可能とする。
  • ○ 地域医療研修 は、大原訪問看護ステーション(2週間)、浪江町国民健康保険津島診療所(1週間)、ふくしま在宅緩和ケアクリニック(1週間)、聖オリーブの郷(1日)にて研修する。
    (※福島県修学資金被貸与者については別施設において研修)
  • ○ 献血研修、災害研修、地域メディカルコントロール研修を実施する。
自由選択
  • ○ 選択研修 は7ヵ月とし、大原綜合病院および下記協力型病院の診療科から選択する。
    (大原医療センター・清水病院・福島医大・福島赤十字病院・公立相馬総合病院・南相馬市立総合病院)
  • ○ 選択科は、1科につき最長6ヵ月とし、自由に希望科を選択できる。

総合診療重視プログラム

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急・総合診療 小児科 麻酔科
内科外来 (週1 回)
2年次 産婦人科 外科 整形外科 精神科 地域医療 救急・総合診療 自由選択科
内科外来 (週1 回)
必修科目
  • ○ 内科外来(主に初診外来)を週1回通年で必修とする。(午前中のみ)
  • ○ 小児科、産婦人科、麻酔科、地域医療をそれぞれ1ヵ月延長し2ヵ月を必修とする。
  • ○ 外科は1ヵ月とする。
  • ○ 地域医療は、保原中央クリニック(伊達市)、ほし横塚クリニック(郡山市)、喜多方市地域・家庭医療センター、朝日診療所(只見町)から、1施設または2施設選択する。
    (※ 福島県修学資金被貸与者については別施設において研修)
  • ○ 救急・総合診療として計4ヵ月研修する。
    (半日3日間の耳鼻咽喉科研修は救急部門研修中に行う )
  • ○ 献血研修、災害研修、地域メディカルコントロール研修を実施
自由選択
  • ○ 選択研修 は3ヵ月とし、大原綜合病院および下記協力型病院の診療科から選択し、1科につき最長2ヵ月とする。
     (大原医療センター・清水病院・福島医大・福島赤十字病院・公立相馬総合病院・南相馬市立総合病院)
研修ローテートは、研修医の希望を最優先し、
各研修科に研修医が偏らないよう
配慮し総合臨床研修センターで決定する。

研修医の人数により基本研修科を2年次に、必修研修科を1年次に研修する場合がある。