HOME >> 理念・行動規範・理事長あいさつ - 財団について

理念・行動規範・理事長あいさつ

大原記念財団の理念

一般財団法人 大原記念財団 の理念   (平成24年(2012) 1月1日制定)
■ 人を愛し、病を究める ■
私たちは、すべての患者さまとご家族のために、
常に一歩先行く医療を探究し、優しさを持って
最善を尽くす医療を実践することにより、
地域から信頼される病院を目指します。
一般財団法人 大原記念財団 大原綜合病院  看護部の理念   (平成24年(2012)2月1日制定)
■ 笑顔につなげる優しい看護 ■
私たちは、人間愛にもとづき、看護職としての
知識・技術を高め、患者さまが笑顔になれるよう
ホスピタリティあふれる看護を行います。

行動規範  (平成24年(2012) 1月1日制定)

私たちは

  1. 1.医療安全を確立し、安心と信頼を獲得します
  2. 2.命の尊厳を深く理解し、患者さまの権利を尊重します
  3. 3.優しさを持ち、気づきの医療を実践します
  4. 4.人間性豊かな医療人となるよう、常に自己研鑽します
  5. 5.新しきことへ挑戦し、質の高い医療を創造します
  6. 6.医療人としての誇りを持ち、如何なる時も最善を尽くします
  7. 7.医療情報の共有と活用を促進し、得られた情報は厳格に管理します
  8. 8.地域社会に支えられていることを認識し、医療連携を推進します
  9. 9.相互に敬意を払い、連携を密にして組織的に行動します
  10. 10.未来への発展のために、健全経営を目指して努力します

理事長 あいさつ

大原綜合病院 理事長 平子 健

皆様 新年明けましておめでとうございます。

皆様方に支えられ、大原綜合病院は新病院開院1周年を迎えることが出来ました。
ほんとうに有難うございました。心から感謝申し上げます。

昨年は急性期を担う大原綜合病院が新病院棟に移転、大原医療センターを回復期病院として再構築するなど、財団の将来を決める重要な年でありました。
職員一同「新生大原」の発展に向かって本当に頑張りました。その結果、患者さんはじめ地域の先生方に信頼される病院になってまいりました。

現在、大原綜合病院 は、患者が増加し高稼働を維持しております。
大原医療センター は、約70床が稼働しておりますが、今年は大規模な施設改修を行い、患者さまが快適に療養できる病院へとしてまいります。また、在宅医療支援病院としての役割を果たすために 訪問看護ステーション を大原医療センター内に移し、今後さらに在宅医療にも注力してまいります。
清水病院 は入院患者さまの地域移行とアウトリーチ部門の強化等、新しい診療体制を構築すべく、法人全体で知恵を出し合い取り組んでまいります。

私達大原記念財団は、地域医療のリーダーとしての意識を強く持ち、地域の先生方との連携を強化し、福島の健康増進を推進してまいりたいと思います。
今年はその成果を発揮すべく頑張りますので、より一層のご支援ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

平成31年 元旦

一般財団法人 大原記念財団
理事長 平子 健