HOME >> 理念・行動規範・理事長あいさつ - 財団について

理念・行動規範・理事長あいさつ

大原記念財団の理念

一般財団法人 大原記念財団 の理念   (平成24年(2012) 1月1日制定)
■ 人を愛し、病を究める ■
私たちは、すべての患者さまとご家族のために、
常に一歩先行く医療を探究し、優しさを持って
最善を尽くす医療を実践することにより、
地域から信頼される病院を目指します。
一般財団法人 大原記念財団 大原綜合病院  看護部の理念   (平成24年(2012)2月1日制定)
■ 笑顔につなげる優しい看護 ■
私たちは、人間愛にもとづき、看護職としての
知識・技術を高め、患者さまが笑顔になれるよう
ホスピタリティあふれる看護を行います。

行動規範  (平成24年(2012) 1月1日制定)

私たちは

  1. 1.医療安全を確立し、安心と信頼を獲得します
  2. 2.命の尊厳を深く理解し、患者さまの権利を尊重します
  3. 3.優しさを持ち、気づきの医療を実践します
  4. 4.人間性豊かな医療人となるよう、常に自己研鑽します
  5. 5.新しきことへ挑戦し、質の高い医療を創造します
  6. 6.医療人としての誇りを持ち、如何なる時も最善を尽くします
  7. 7.医療情報の共有と活用を促進し、得られた情報は厳格に管理します
  8. 8.地域社会に支えられていることを認識し、医療連携を推進します
  9. 9.相互に敬意を払い、連携を密にして組織的に行動します
  10. 10.未来への発展のために、健全経営を目指して努力します

理事長 あいさつ

大原綜合病院 理事長

新年おめでとうございます。令和2年が幕を開けました。
まずは順調に年を越すことができましたのは皆様のおかげと心から感謝申し上げます。

昨年はこれまでに経験したことのない自然災害が次々に発生した1年でした。周辺地域でも多くの住民の方々や医療機関が被災し、当財団からは災害医療支援としてスタッフを派遣しました。地域の危機に対して「住民の命を守る」「仕事仲間を助ける」ことは、医療人としての責務ですが、病院設立以来受け継がれてきたスピリッツでもあります。

地域に目を転じると、人口が減少し、少子高齢化が深刻さを増すばかりです。また、私たちの故郷ふるさと福島は健康指標が不良のため「不健康な県」という不名誉なイメージから未だ脱却できていません。地域に立脚する病院としては、疾病構造の変化に対応し、健康日本一を目指すためには、提供すべき医療体制、健康対策を自ら変革していかなければなりません。地域が求める医療とは何か、患者が求める医療とは何か、私たちは真実を求めて探求していくこと、それが財団の理念『人を愛し、病を究める』に込められています。

今年は新生大原となってから9年の歳月が経ち、新病院の建設と医療機能の集約、大原医療センターの改修と病床機能転換を果たしました。これまで順調に結果を残し病院のブランド力を向上させたことは、私たち職員の誇りです。次のステップに入る今年は、患者側の視点で病院とはどうあるべきかを考えて変革への挑戦をさらに推し進めて参りたいと思います。

今年は子年、十二支のはじめ、「成長にむかって種子が膨らみ、そして新しい芽が沢山吹き出し繁栄する」という年です。地域から大原への期待は大変に大きく、私たち職員への信頼も大変厚いものがあります。私たちが頑張ることで、地域を勇気づけることにもなります。私たち職員は「期待と信頼」を胸に「福島に大原あり」というプライドを持って、一般医療と精神医療、そして在宅医療、これらを融合する新しい医療のあり方を探究しつつ、ワンチームで頑張って参ります。今年もよろしくお願いします。

2020(令和2)年 1月

一般財団法人 大原記念財団
理事長 佐藤 勝彦